2011年9月 5日

[vine-users:081380] Re:Vine6.0 リモートからの emacs 日本語入力

水田です。

詳しい情報をどうも有難うございました。おかげさまで大分前進した
ので以下ご報告します。まだ十分でない所もあり、アドバイスありま
したらお願い致します。

sshとXDCMP経由のloginで違いがある様なので分けて書きます。

1. sshの場合

>> ibus-elはibus-daemonに接続しにいきますので、
>> ibus-daemonを起動しておく必要があります。
>> Vine Linux 6.0では、sshでログインしただけではibus-daemonは起動するように
>> なっていませんので、何らかの方法で起動させておく必要があります。
>> また、環境変数XMODIFIERSを適切に設定しておく必要もあるかもしれません。
>>
>
> たとえば
> http://uncorrelated.no-ip.com/20101225.shtml
>
このURLに書かれている方法でloginしたいマシンの~.ssh/rcを編集すれば
日本語入力切替は出来る様になりました。尚、
export XMODIFIERS="@im=ibus"
の行は私の環境では無くてもよかったので、XMODIFIERSは問題ない模様です。
ただ、(emacsを使用してから)logout後、sshに使用していた
gnome terminalがプロンプトの出ないまま固まってしまうので、何か解決策
があればお願いします。

2. XDMCP経由の場合

Vineのログインメニューの「オプション」をクリックしXDMCP経由で
login した場合になります。この場合は当初の場合と違い、
ibus-daemonは動いていますが。login後に、

# xhost +YYY.YY.YYY.YYY (YY...はlogin中のサーバーのIP)

とする必要がある様です。これで日本語入力切替が出来ます。
ただ毎回 xhost +...のコマンドを入力するのは煩雑なので、
自動で出来る方法がありましたらアドバイスお願いします。


_______________________________________________
vine-users mailing list
vine-users@xxxxx
http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/vine-users


投稿者 xml-rpc : 2011年9月 5日 19:24
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/106177
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。