2011年5月 6日

[vine-users:081005] Re:suコマンドの使い方について

北崎です。

環境変数の具体的な中身の話しではないので少々余談ですが

>膨大な出力結果が出ましたが、どのように理解するべき
>物なのか、よく分かりません。違いが有るのは分かるの

envで出力されるのは「環境変数」で、これは最初のメールでも出てきた

言葉ですが、「環境変数」とはなんぞやといえば、linuxの1ユーザーを
とある会社の1社員と考えれば、その「属性」みたいなもんです。

-------------------------
所属会社名=○○株式会社
所属部署=○○部
役職=部長
デスクの場所=○○○号室
-------------------------

のような感じです。


それで、ごくごく大ざっぱに言って、linuxには社長(root)と一般社員
(一般ユーザー)がいます。

一般ユーザーからrootになるということは、いわば平社員が社長の権限
を持つということですが、その際

su → 一般社員の属性のまま社長になる。
su - → 社長の属性をも身につけて社長になる。

概念的にはこんな感じです。

--
北崎


>中司さん、梅田さん早速の返信を有難うございます。
>
>> 一般ユーザで
>> (1) su
>> (2) su -
>> でスイッチユーザした後、 pwd と打ってみてください。
>
>梅田さんの解説にもある通り、rootになる=su -、一般ユー
>ザーディレクトリのままroot権限を得る=suと言うことのよ
>うですね。
>
>>もうひとつ、
>>上記で env と打った結果にも違いがあると思います。
>
>膨大な出力結果が出ましたが、どのように理解するべき
>物なのか、よく分かりません。違いが有るのは分かるの
>ですが、それの意味する所が分かりません。$man envも
>読みましたがよく分かりませんでした。読み(比べ)方、
>解釈の方法などを、ご教示願えないでしょうか。お手数
>をお掛けしますがよろしくお願いいたします。
>_______________________________________________
>vine-users mailing list
>vine-users@xxxxx
> http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/vine-users


_______________________________________________
vine-users mailing list
vine-users@xxxxx
http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/vine-users


投稿者 xml-rpc : 2011年5月 6日 03:37
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103624
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。