2011年5月 5日

[vine-users:080997] Re:suコマンドの使い方について

梅田です。

竹内さん皆さん、お騒がせしました。竹内さんには新しいアドレスを用意した
ので、もうこのようなことは有りません。

On Thu, 05 May 2011 15:38:02 +0900
tanpoko <tanpoko2002@xxxxx> wrote:

> 中司と申します。
>
> On Thu, 5 May 2011 15:08:29 +0900
> 梅田光則 <isao100takeuchi@xxxxx> wrote:
>
> > suコマンドの使い方について質問します。suとsu -の使い分けは
> > どの様にしたらいいでしょう。
> su 省略形の意味はご存じでしょうか。
> スイッチユーザーだったと思います。
>
> 論よりなんとやらです。
>
> 一般ユーザで
> (1) su
> (2) su -
> でスイッチユーザした後、 pwd と打ってみてください。
> 違いがあると思います。

中司さんのご指摘の通り、

[suomi@xxxxx ~]$ su
パスワード:
[root@xxxxx hogehoge]# pwd
/home/hogehoge
[root@xxxxx hogehoge]# exit
exit
[suomi@xxxxx ~]$ su -
パスワード:
[root@xxxxx ~]# pwd
/root

su -ハイフン有りは現在作業中のユーザーの居るディレクトリ(カレントディ
レクトリと言います)が/rootつまり始めからrootログインしたのと同じ状態
になります。普通rootになると言ったら、ドキュメントにも有るようにこちら
を言います。

-なしだと一般ユーザーのままroot権限を取得した状態です(カレントディレ
クトリはユーザーのディレクトリになります)。どういう時に使うのかと言
えば、例えば、make installを実行したい時などで使います。


--
梅田 光則 <m.umeda@xxxxx>
_______________________________________________
vine-users mailing list
vine-users@xxxxx
http://listserv.linux.or.jp/mailman/listinfo/vine-users


投稿者 xml-rpc : 2011年5月 5日 16:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/103587
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。