2009年12月26日

[vine-users:079891] Re: [ - ](ハイフン)について

森山です。

On Sat, 26 Dec 2009 17:17:25 +0900 (JST)
長南洋一 <cyoichi@xxxxx> wrote:

> もうわたし以外、この問題に興味を持っている方はいないようですが、
> もう一度だけ続けます。

すみません、私が質問しながら返事が遅れてしまいました。

On Wed, 23 Dec 2009 12:09:26 +0900 (JST)
長南洋一 <cyoichi@xxxxx> wrote:

> some-command の man ページが英語しかなく、そのページの表示が
> おかしいならば、まずその man ページのキャッシュを消去します。
> それから、LANG=C で man を実行して、キャッシュを作り直します。
>
> rm /var/cache/man/cat1/which.1.bz2 (これは root ユーザで)
> LANG=C man which
>
> これで、表示に問題のないキャッシュが作れます。

上記方法にて、man に関しては問題が解決出来ました。

On Sat, 26 Dec 2009 17:17:25 +0900 (JST)
長南洋一 <cyoichi@xxxxx> wrote:

> ・ '-' 文字は ascii では 0x2d である。これは、マイナスにも
> ハイフンにもダッシュにも使われて、非常に曖昧である。
>
> ・ ユニコードでは、マイナス、ハイフン、ダッシュに相当すする文字が
> いくつもある。
>
> ・ そのため、UTF 環境で man のソースを groff (nroff) で整形するとき、
> マイナス/ハイフン/ダッシュの処理は頭の痛い問題になっている。

中略

> Google で調べたところでは、次のようなやり方もあるそうです。
> /usr/share/groff/1.18.1/tmac/troffrc に以下を追加します。
>
> .if '\*[.T]'utf8' \{\
> . char - \N'45'
> . char \- \N'45'
> . char ' \N'39'
> .\}
>
> わたしとしては、「. char \' \N'39'」もカッコの中に入れておいた方が
> よいのではないかと思います。なお、上の指定は /usr/share/groff/
> site-tmac の man.local と mdoc.local に記述してもよさそうです。
> 完璧な解決法ではないらしいですけれど。

どうもutf-8に変換する時のハイフンの扱いの問題らしいとは推測しつつ、
なぜこうなるのかのweb上の説明が非常にゴチャゴチャしていたので、助かり
ました。情報ありがとうございます。
--
K.Moriyama


投稿者 xml-rpc : 2009年12月26日 20:02
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91760
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。