2009年12月23日

[vine-users:079863] Re: [ -](ハイフン)について

長南です。

man については、とりあえずの対処法を見つけたような気がします。

which や firefox の man ページでハイフンの表示がおかしいという
ことでしたが、つまり英語 man ページの中に表示がおかしくなるものが
あるということですね (英語 man は全部おかしくなるんだろうか)。
日本語の man ページには問題がない (たぶん)。


# ハイフンの表示そのものよりも、ハイフンを含む文字列で (たとえば
# -a とかで) 検索できないのが困るんですよね。

Vine 5.0 では man some-command を最初に実行したときに、
/var/cache/man 以下にキャッシュが作られます。

対処法 1:
some-command の man ページが英語しかなく、そのページの表示が
おかしいならば、まずその man ページのキャッシュを消去します。
それから、LANG=C で man を実行して、キャッシュを作り直します。

rm /var/cache/man/cat1/which.1.bz2 (これは root ユーザで)
LANG=C man which

これで、表示に問題のないキャッシュが作れます。

対処法 2:
最初に 英語 man ページのキャッシュを消すことは同じ。

/etc/man.config の前のメールに引用した部分の直前にこんな
コメントがあります。

# For use with utf-8, NROFF should be "nroff -mandoc" without -T option.
# (Maybe - but today I need -Tlatin1 to prevent double conversion to utf8.)
#
# If you have a new troff (version 1.18.1?) and its colored output
# causes problems, add the -c option to TROFF, NROFF, JNROFF.

そこで「NROFF /usr/bin/nroff -mandoc」をこう書き変えます。

NROFF /usr/bin/nroff -Tascii -mandoc

オプションは -Tlatin1 でもよさそうですし、実際 LANG=ja_JP.UTF-8 で
使っている分には、それで表示に問題がないようです。しかし、
LANG=C man which などとやると、ハイフンはちゃんと表示される
ものの、ほかの部分で表示に問題が起きます。 -Tascii なら、
そういった問題はないようです。latin1 にあって、ascii にない
文字が出てきたら、まずいんでしょうけれど。

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2009年12月23日 12:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/91658
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。