2009年10月24日

[vine-users:079753] Re: vine5.0のdhcpdについて

長南です。

中司さんのメールより [vine-users:079745]
>
> Vine5.0のdhcpdですが、
> vine5.0新規インストール時のリンクがおかしいように見受けられます。
> rc4.d rc4.d rc5.d がK35dhcpdになっています。
> chkconfig --level 345 dhcpd on を実行すると治るようです


rpm -q --scripts dhcp を実行すると、dhcp パッケージが postinstall
scriptlet で /sbin/chkconfig --add dhcpd をやっているのがわかります。

そこで、/etc/rc.d/init.d/dhcpd を見ると、こうなっています。

# chkconfig: - 65 35

man chkconfig でこの行の説明を見ると、

chkconfig によって管理される各サービスでは、 2 つまたはそれ以上のコメン
ト行を init.d script に加える必要がある。最初の行は chkconfig に開始 と
終了の優先順位のレベルと、デフォルトで開始されるサービスの runlevel が
どれかを教える。もしサービスがデフォルトで、どの runlevel でも開始され
ないときには、- が runlevel の場所に使用される。(中略)

例えば、random.init はこれら3行からなる:
# chkconfig: 2345 20 80
# description: Saves and restores system entropy pool for \
# higher quality random number generation.
こ れは random スクリプトが 2、3、4 そして 5 のレベルで始まり、起動優先
順位が 20 で、そして終了優先順位が 80 であるといっている。

ということですから、インストール時のスクリプトで実行される
chkconfig --add で /etc/rc.d/rc?.d/S65dhcpd ができないのは、
バグではなく、(ちょっと大げさですが) Vine のポリシーなのでは
ないでしょうか。dhcpd のような誰もが必ず使うわけではないサーバは、
起動する runlevel を自分で決めてくださいね、という。

つまり、中司さんが chkconfig --level 345 dhcpd on を実行なさった
のは、Vine のポリシーから見て、正しい。

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2009年10月24日 10:43
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89688
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。