2009年9月29日

[vine-users:079716] Re: CUPS  パラレルポートについて

長南です。

# ML に投稿するメールでは、全文引用はご無用です。
# 前のメールはこちらにも届いているのですから。

平本さんのメールより [vine-users:079714]
>
> /dev/lp0 が存在しないので

> /sbin/modprobe lp として CUPS の設定で印刷ができました。

印刷に成功したのですね。それはよかった。

> ただ再起動すると、やはりモジュールがロードされなくて
> /sbin/modprobe lp   を実行することになります。

lp モジュールを自動的にロードするだけなら、簡単です。
/etc/rc.d/rc.local の終わりの方に /sbin/modprobe lp と書いて
おけばよい。あるいは、/etc/rc.d/init.d/cups の start のブロックの
適当なところに modprobe lp を書いてもよいでしょう。

しかし、Vine 4.2 では、起動スクリプトに modprobe lp と書かなくても、
lp モジュールが自動的にロードされていました。ですから、rc.local
などに modprobe lp を書くのは、Vine の流儀だとは思えません。では、
Vine 流のすっきりしたやり方とは、どんなものなのか。わたしにはそれが
わからないのです。

> じつは、サウンドも同じで
> 起動するたびに
> alsaconf を実行しています。
>
> なにか解決法はないでしょうか。

これは別の問題ですから、別の質問にした方がよいと思います。
サウンドカード (チップ) が何なのか、具体的には何がうまく行かないのか、
そういった情報が必要ですね。

--
長南洋一


投稿者 xml-rpc : 2009年9月29日 15:39
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/89006
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。