2009年8月31日

[vine-users:079536] ハードウエア動作報告 (玄人志向 1P-LPPCI2)

こんにちは、松山市の土屋と申します。
まず、VineLinux5.0のリリース、おめでとうございます/ありがとうござい
ます。いつもすばらしいLinux環境を提供していただき、関係者の皆様すべ
てに感謝いたします。

その、VineLinux5.0上でのハードウエアの動作報告をいたします。現在、
VineLinux5.0(x86_64) を

CPU Core2 Quad Q6600 2.40GHz
M/B ASUS P5Q-EM
グラフィックスやネットワークはオンボードのもの
メモリー 8GB

というPCの上で使用しています。このPCにはパラレルポートがついていません。
私の使っているプリンターは「Canon LaserShot LBP-1310」で、今まで古いPC
でパラレルポート経由でプリントしていました。USBポートもついていますが、
新しい上記PCでも、パラレルポート経由でプリントしたいと思い、パソコンシ
ョップでパッと目についた

  玄人志向 1P-LPPCI2 (インターフェイス PCI)
Oxford社 OX16PCI952 採用パラレルインターフェイスボード

を購入して、PCIにさしてみました。最初にやってみたのは、VineLinux5.0beta1
のころだったと思います。今となっては確かめようがないのですが、その時に
は、このボードはOSに認識されなかったような気がします。「ああダメか」と
思って、その後しばらく放っておきました。

ところが、昨日になってふと dmesg をチェックすると、いつの間にか(?)OSが
ボードを認識していることに気づきました。dmesg の出力の一部は、

PCI parallel port detected: 14db:2121, I/O at 0xec00(0xe880)
parport0: PC-style at 0xec00 (0xe880) [PCSPP,TRISTATE,EPP]

ppdev: user-space parallel port driver

です。あとは、

# modprobe le

とすると、/dev/lp0 ができて、GNOMEのプルダウンメニューの
「システム」==>「システム管理」==>「印刷」で出る
「プリンター設定」のウインドーで、「新規」のボタンを押し、指示に従って
操作すると、テストページが印刷できました。ただし、プリンター機種選定の
ところでは、Canonの「LIPS-IV」か「LIPS-IVv」を選ぶ必要がありました。

以上、ご報告いたします。

-------------------------------------
土屋 卓也 (Takuya TSUCHIYA)
tsuchiya@xxxxx
-------------------------------------


投稿者 xml-rpc : 2009年8月31日 15:38
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/88044
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。