2009年8月26日

[vine-users:079476] Grun boot fail


 いわもとです。

 Vine 5.0 を、マルチブートしている環境に追加しようとして
 ハマったので備忘録&事例紹介ということでメールします。

 元の環境は、

  Vine 3.2 / Vine 4.2
  VineSeed i386 / VineSeed x86_64

 のマルチブートの環境で、boot loader として grub をいれて
 ありました。grub は 0.93 というちょっと古い物です。
 (Vine 3.x のころに source から入れた気がします)

 で、この環境に Vine 5.0 x86_64 を追加しようとしたのですが、
 install は無事に終了しても、既存の grub から boot
 できませんでした。
 install した partition は見えるのですが、中の file
 (kernel や initrd.img など)が grub から見えません。


 結局、原因は、

  ・Vine 5.0(の e2fsprogs )は ext3 inode size = 256 でフォーマットする
  ・patch が当たっていない grub は 256 inode を読めない

 ということでした。

 Vine 5.0 の grub 0.97 は inode size = 256 対応の patch が
 当たっています。(Vine 4.2 のはダメです)
 Vine 5.0 の grub に入れ替えたところ問題なく boot できるようになりました。


 古い boot loader を使いまわす場合は、ご注意をというお話でした。

--
Satoshi IWAMOTO <satoshi.iwamoto@xxxxx>


投稿者 xml-rpc : 2009年8月26日 16:01
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87926
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。