2009年8月24日

[vine-users:079457] [NEWS RELEASE] Vine Linux 5 is now available for download


Project Vine の鈴木です。

皆様のご協力のおかげで、2年半ぶりのメジャーバージョンである
Vine Linux 5 を本日公開することができました。ありがとうござ
います。

Vine Linux 5 for i386/x86_64 はプライマリサイトである

vinelinux.org の http または ftp から取得することができる他
一部のミラーサイトにもすでにコピーがされています。

RC1 からはほとんどの場合そのままアップデートすることで
Vine Linux 5 と同一にすることができます。

以下、一応、ニュースリリース本文です。

---------------------------------------------------------------------


Project Vine、「Vine Linux 5」を公開

2009年 8月 24日
Project Vine


2009年8月24日、Project Vine ( 代表鈴木大輔 ) は、コンパクトかつ安定指向で日本語
対応の丁寧さでも定評のある Linux ディストリビューション Vine Linux の最新版「
Vine Linux 5」を公開したことを発表しました。前回のメジャーリリースより約2年半ぶ
りとなる待望の新バージョンとなります。

個人ユーザ用デスクトップやスモールサーバ用途で多くの利用実績を有し、特に教育界
で大きな支持を得ている「Vine Linux」は、およそ2年半ぶりにメジャーバージョンアッ
プされ、より最新の環境を提供するディストリビューションとなりました。対応アーキ
テクチャは Intel 32bitアーキテクチャ向け、AMD64/Intel64 アーキテクチャ向け、お
よび PowerPC 搭載 Macintosh 向けの 3 バージョンとなりました。(PowerPC版は後日リ
リース予定)

■ Vine Linux 5 のポイント

Vine Linux 5 では、前バージョンから多く改良が加えられました。特にに以下の点にお
いて重点的に改良されています。

軽量・高速
収録ソフトウエアの刷新
x86_64 アーキテクチャ対応
ルック&フィールの改善
ユーザフレンドリなツール群
USB/DVD 用インストールイメージの提供

詳細は、この文書後半のVine Linux 5 の特徴を参照してください。

■ システム要件

* x86 (32bit) バージョン
CPU
Pentium 1GHz 相当以上
(i686クラス以上推奨)
メモリ
256MB以上 (512MB以上推奨)
HDD
最小構成で700MB以上
フルインストールで4GB以上

* x86_64 (64bit) バージョン
CPU
64bit 対応の AMD64 または Intel64 アーキテクチャのCPU
(Athlon64,Phenom,Opteron,Core2,Core i7など)
メモリ
256MB以上 (1GB以上推奨)
HDD
1GB以上(4GB以上推奨)

■ Vine Linux 5 の特徴

Vine Linux 5 は以下のような特徴を備えています。

* 軽量・高速

起動時のメモリ消費量を軽減
前バージョンと比べ約半分の起動時間に軽減

* 対応アーキテクチャの拡大

i386, ppc に加えて x86_64 を新たに追加

* ルック&フィールの改善

起動時のコンソールの隠蔽
- bootsplash による起動時および終了時のスプラッシュスクリーン
フォント
- ゴシック体としてVLゴシックの大幅改良(M+フォント1700文字+VLフォント2200
文字が新デザイン)
- 明朝体として新たに IPA 明朝をデフォルトフォントとして採用
テーマの改良

* パッケージ管理ツール・機構の拡充

パッケージのアップデート・インストールの簡略化
- アップデートマネージャの採用
GNOME 利用時に通知スペースにパッケージ更新情報を表示
- おすすめパッケージの簡易インストールツール
自動パッケージ生成
- self-build システムにより配布に制限のあるパッケージなどをインストール時
に自動的にビルドしてインストール
動的なカーネルモジュール生成
- dkms による自動的なカーネルモジュールの生成

* その他

ハイバネーションの安定化
- TuxOnIce? 3.0 によるシステム休止の高速・安定化
各種自動設定
- udev, Hal によるハードウエア自動設定
- X.org X11 server 1.6 による X の自動設定
サウンドサーバ
- 従来の Esound に変わり、PulseAudio サウンドサーバを採用
デフォルトロケール
- UTF-8 ロケールを標準に変更

* 収録ソフトウエアの刷新

コアコンポーネント
- Kernel-2.6.27.29
- glibc-2.8, gcc-4.1.2
GNOME
- 最新の 2.26.3 を収録
TeX
- ptetex3-20090610 への更新および UTF-8 対応
Emacs
- Emacs23 を標準とし、各種設定のシステム標準化
ブラウザ
- 最新の Firefox 3.5 コミュニティエディションを収録

■ Project Vine について

Project Vine は、使い易い日本語対応 Linux ディストリビューションをリリースする
ために、1998 年に組織されました。現在ではさらに新たなメンバーを加えて Vine
Linux の開発や運営にあたっています。現在は、鈴木大輔、松林弘治、まちのさとし、
池田克巳、赤星柔充、HARADA Kazutaka、山本宗弘、Satoshi Iwamoto の 8 名で構成し
ています。

参考: http://vinelinux.org/

■ 謝辞

Linus氏をはじめ、Linux を含むオープンソースコミュニティー、GNU、X.Org、GNOME、
VineSeed/VinePlus 等開発者の皆様、Vine Linux ユーザの皆様、そして全ての Linux
ユーザの方々に感謝致します。

■ 商標について

"Vine Linux" および "Vine Linux ロゴ" は Project Vine および有限会社ヴァインカ
ーブの日本およびその他の国における登録商標または商標です。

"Linux" は Linus Torvalds の日本およびその他の国における登録商標または商標です。

その他、本ドキュメントおよび Vine Linux 内で記載されている会社名や商品名は一般
に各社の商標です。

■ 本リリースに関するお問い合わせ先

担当
Project Vine プレスリリース担当
メールアドレス
Vine@xxxxx

--
Daisuke SUZUKI | daisuke@{linux.or.jp,dicey.org,vinecaves.com}
GnuPG Fingerprint = 7DE6 9AC6 5E5B 1AF8 B38E 0992 90BF 4C09 7432 2CB0
Founder & President, Project Vine. http://vinelinux.org/
Founder & President, Vine Caves, Ltd. http://vinecaves.com/
Founder & President, Japan Linux Association. http://jla.linux.or.jp/

投稿者 xml-rpc : 2009年8月24日 23:52
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(3) 総合:(3) 投票回数:(1)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87905
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。