2009年8月21日

[vine-users:079454] Re: Vine Linux 5 RC1 is available for download

中司です。

On Thu, 20 Aug 2009 23:18:32 +0900
Yasumichi Akahoshi <yasumichi@xxxxx> wrote:

>  既に気づかれているかと思いますが、/etc/apt/souces.listが、Vine Linux 4.2
> の apt のファイルのままになっていて、Vine Linux 5 RC の apt 向け設定ファイル
> が /etc/apt/sources.list.rpmnew として保存され、無効になっています。

この/etc/apt/sources.list のファイルが切り替わるのは
どのタイミングでしょうか。
このファイルが切り替わるタイミングで何らかのトラブルが
発生しているのでしょうか。(または、元に戻される?)
(1)DVD/CDによるアップグレード時 (このタイミングと思いますが...)
(2)アップグレード処理終了後の最初の再起動時
(3)apt-get update 実行時

今再度、vine4.2->vine5RC1へのアップグレードを行ったところ、
インストール(アップグレード)後の再起動時に

WARNING: initlog is deprecated and will be removed in a future release
/: Superblock last mount time is in the future. FIXED
/: Adding dirhash hint to filesystem

/ primary superblock features differebt from backup, check forced.

というメッセージ出力後fsckが走ります。
この実行がエラー[FAILED]となり停止、 ^D で再起動をしました。
 #そういえば、前回のアップグレード時も同じ症状が。H/D傷んでいるのかなぁ。
 #tunr2fs -c 1 で起動時のfsck強制的に実行してもエラーはないのに...

このタイミングではsources.list は切り替わっていません。
(再起動ではなく
password入力にてsingle user でみてみても切り替わっていません)
apt-get update のタイミングでも切り替わっていません。


Vine5(RC1)で立ちあがった後、
(1)mv sources.list.rpmnew sources.list
(2)apt-get update
(3)apt-get upgrade ... NG (依存関連のエラーが沢山 zlib が元?)

ここで
(4)apt-get -f install
(5)apt-get dist-upgrade
という具合に、
一度 apt-get -f install を挟むと dist-upgrade が完了しました。


投稿者 xml-rpc : 2009年8月21日 23:13
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/87679
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。