2009年7月17日

[vine-users:079376] Re: USB-RS232変換ケーブルの使用

こんにちは、安藤と申します。

手元ではカーネル 2.6.30.1 な Debian testing なのですが、FTDI の
USB-RS232 変換チップ FT232BM (RoHS 対応版は FT232BL) 及び FT232R を、
まったく問題無く動かしています。

From: kaz <okui@xxxxx> さん
Subject: [vine-users:079375] Re: USB-RS232変換ケーブルの使用

Date: Fri, 17 Jul 2009 10:23:25 +0900
Message-ID: <20090717102325.0de2b7e8.okui@xxxxx>

> (1)ftdi_sioがロードされてるので問題ないと思いますが。
> (/var/log/messagesにもエラーメッセージはないし)

そうですね、私見では問題無いと考えます。

> (2)マイコン側のボードにFTDIのFT232が実装されていてUSBをシリアル信号
> (Rx Tx)に変換してPropellerチップにいれています。同じPCのシリアルポー
> ト(RS232C)からPICマイコンにつないだ(MAX232でレベル変換)ことはある
> のですが(echoでキャラクタを送れた)USBの場合は前段階でなにかやらなけ
> ればいけないのでしょうか?

echo コマンドではなく、minicom などのソフトで試してみては如何でしょう
か。
また、マイコンのボード以外に USB-RS232 シリアル変換ケーブルを接続して
いませんか。そして、結果としてマイコンボード以外のデバイスにデータを送っ
ていたりしませんか。

ちなみに、私の場合は以下の手順を必ず踏む様にしています。

1. ボードと PC とを外し、/dev/ttyUSB* の有無を確認する。
2. ボードと PC とを接続し、再度 /dev/ttyUSB* の有無を確認する。
3. 新規に生成された /dev/ttyUSB* に対して、データを送受できる様にする。

時々やってしまう失敗は、デバイスファイルの選択を誤ってしまう事です。
例えば、送受したい先は /dev/ttyUSB1 なのに、誤って /dev/ttyUSB0 に対し
てデータを送受してしまっている、という事です。

あとは、マイコンボード側の TxD と RxD を誤っていたり、瀧山さんも指摘さ
れていますが、各制御線 RTS/CTS/DTR/DSR の制御を誤っていたりしていない
かを念のため、確認してみて下さい。
--
安藤 努 <ando-tom@xxxxx>
(全文引用はご遠慮願います)


投稿者 xml-rpc : 2009年7月17日 10:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/86748
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。