2009年3月27日

[vine-users:079275] Re: xmms-aac のインストール (Thunderbirdがアップグレードされたら使えなくなりました。)

山本@千葉です.

長南さん,フォローを有難うございます.

> 山本さんのメールより [vine-users:079273]
> >
> > もし xmms-aac を使われるのでしたら,
> > 以下をお試し下さい.

> > $ apt-get source self-build-faad2
> > でソースを取得します.
> > 必要であれば,
> > # apt-get build-dep self-build-faad2
> > # apt-get install xmms-devel (← faad2.spec に書かれています)
> > を実行して,ビルド環境を整えます.
>
> ここで wget http://prdownloads.sourceforge.net/faac/faad2-2.6.1.tar.gz
> 実行し、faad2-2.6.1.tar.gz を ~/rpm/SOURCES に入れておく必要が
> ありました。それから、
すみません,そうでした.仰せの通りです.

> その後、rpm を使って、~/rpm/RPMS/i386 に生成された faad2*.rpm と
> xmms-aac-2.6.1-2vl4.i386.rpm をインストールということですね。
>
> もっと簡単にできないかと考えて、/root/.rpmmacros に (一時的に)
>
> %_with_xmms 1
>
> と書き込んでから、
>
> apt-get install self-build-faad2
>
> をやってみました。これでも xmms-aac がインストールできるようです。
補足をありがとうございます.
はい,そうなんです!
ちょっと開発関連の余談にもなるのですが,
このような感じのことを,
self-build の仕組みに盛り込みたいと思い描いています.
ちょうど Gentoo Linux と対応させるとこんな感じです.

Gentoo Vine
仕組み emerge self-build
コマンド emerge apt-get ライクな self-build!?
設定ファイル /etc/make.conf .rpmmacros っぽいの,あるいは互換!?
USE フラグ %_with_???? みたいな感じ!?

まだなーんにも仕様などを決めていませんが,
独自ビルドができる emerge のようなソースビルドの仕組みが出来上がると,
self-build もかなり便利な代物になるかと思っています.

> もっとも、xmms 以外のプレーヤーでも aac 形式のオーディオファイルの
> 再生ができるのなら、xmms-aac はもちろん、開発が終わっている xmms を
> インストールする必要もありませんね (使い方が単純だから好きだと
> いう方もいらっしゃるでしょうが)。rhythmbox で再生できるのですか。
> 手元に aac のファイルがないので、試すことができないのですが。
ちょうど今手元に mp3 がなく(笑),ffmpeg もないので試せないのですが,
とりあえず

$ ffmpeg -i input.mp3 output.aac

で,AAC 形式に変換できます.
# 音質については細かなオプションなどをさらに付加します.

--
山本宗宏


投稿者 xml-rpc : 2009年3月27日 13:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/83630
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。