2009年1月18日

[vine-users:079103] Re: ブートプロセスでIDEでつまづく

鈴木です。

やな さんは書きました:
> やなと申します。
おはようございます。

^^snip--
> なお、ハードディスクとしては、コンパクトフラッシュ2枚を1つのIDEに挿せる

> (2.5inchハードディスク相当にする)アダプタで、4GBと16GBのカードを使って
> 「なんちゃってSSD」な構成にしています。以下にdmesgのIDE検出部分を転載し
> ます。
^^snip--

> なお、同じようなこと(コンパクトフラッシュ2個をIDEとして接続)をIBM
> ThinkPad iシリーズで試したところ、インストールのコピー中に不意に応答しな
> くなってEnterキーを叩くと動き出したり、連続動作中に不意にフリーズしたり
> して使い物にならなかったのですが、WinBookの方は起動時につまづくのを除け
> ば、突然で停止してしまうようなことはない模様です。

かなり、コアなデバイスですね。この手のものは、挿すカードなどに、かなり
気を使ったりしないとまともに動かないケースも多いかも知れません。
実際にかなり動作が不安定みたいですし、使わない方がいいのかもしれません。

私なら、
・とりあえず DMA を使わない。
・PIO から初めて、徐々に高速な設定にしてみる。
ということをやってみると思います。

どなたか、他にこの手のデバイスを使ってみた方はいらっしゃるでしょうか?

--
Hiroshi Suzuki It's crucial qp
setter AT i-red DOT info to my (..)/
http://i-red.info/~setter/ Well-being - -
http://i-red.info/ ~~
Powered by Linux/DeleGate _____________*-_____


投稿者 xml-rpc : 2009年1月18日 07:35
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/81133
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。