2009年1月 7日

[vine-users:079069] 時計のズレと kudzuについて

河村です。

時計のズレとkudzuについておききします。状況は以下のとお
りです。

PCやモニター、モデム、ルーター等を電源タップにまとめてつ
ないで、電源タップのプラグをコンセントに挿し込んでいるの
ですが、サーバーが電源スイッチを押していないのに、勝手に

起動してしまいます。以下のメッセージが表示されました。

Phoenix ROM BIOS PLUS Version 1.10 A08
Copylight 1985-1988 Phoenix Technologies Ltd.
Copylight 1990-2004 Dell Computer Corporation
All Rights Reserved

Dell System Optiplex GX260 Series
www.dell.com

Ivalid configuration information - please run SETUP
program Keayboard failure

Perfoming automatic IDE configuration..
Primary Master: IDE Disk Drive
Secondary Master: CD-ROM Reader
Time-of -day not set - please run SETUP program

Alert! System battery voltage is low.
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility

使用環境は以下のとおりです。

中古パソコン
Vine Linux 4.2
kernel 2.6.16-0vl76.27
Dell OptiPlex GX260
Pintium4 2.80GHz
メモリ 512MB
HDD 40GB
DVD-ROM CD-R/RW

「Ivalid configuration information - please run SETUP
program Keayboard failure

キーボード、マウスを接続して起動させたら、メッセージは表
示されませんでした。

「Alert! System battery voltage is low.
Strike the F1 key to continue, F2 to run the setup utility

F1を押せば、無事に起動できましたが、電源プラグをコンセン
トに挿し込むと、サーバーの電源スイッチを押していないのに
勝手に起動するのは、改善されませんでした。マザーボードに
ついているCR2032(ボタン型の電池 Panasonic 3V)を一度、外
して付け直してみました。中古のパソコンということもあって
接触不良の可能性も考えて、電池自体は新品には、交換しませ
んでした。メッセージは表示されませんでした。

CR2032を外したので、BIOSの設定が必要だと考えて、BIOSのsystem
time
の時計を正しく設定して、起動してみると起動画面のスクロー
ルに表示されるsetting clockが9時間進んでいました。dateコ
マンド、hwclockコマンドも同様でした。

/usr/sbin/ntpdate -s clock.nc.fukuoka-u.ac.jp

を実行すると、今度はBIOSのsystem timeが9時間遅れて、date
コマンド、hwclockコマンドは正常でした。

/etc/sysconfig/clock
ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=true
ARC=false

UTC=falseに設定し、再起動すると時計のズレはなくなりまし
た。

以前は、キーボードやマウスを外して起動させても、kudzuは
表示されなかったのですが、CR2032を外したせいなのか表示さ
れるようになりました。

状況説明がながくなってしまいましたが、おききしたいのは二
点です。

?BIOSとサーバーの時計がズレていても、何か問題はないのか?
?kudzuが表示されるようになったのは、CR2032を外したせい
なのか?

読みにくい内容で、申し訳ありませんが宜しくお願いします。


--------------------------------------
Power up the Internet with Yahoo! Toolbar.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/toolbar/


投稿者 xml-rpc : 2009年1月 7日 14:57
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(2)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/80760
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。