2008年9月29日

[vine-users:078861] Re: コンソール面画で文字化けし、日本語入力が出来ない。

梅田です。

On Sun, 28 Sep 2008 01:08:20 +0900
加藤 雅 <mkato@xxxxx> wrote:

> 加藤(大阪)です。
>
> 横から失礼します。

>
> Sat, 27 Sep 2008 20:26:01 +0900 付
> T.E.Lawrenceさんのメールより:
>
> > http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/vi-user-usage-8.html
> >
> > の、この部分を参照して
> >
> > >ホームディレクトリの.bashrcに設定を書き加えます。
> >
> > > # cd
> > > # vi .bashrc
> > > (以下の設定をファイルの後ろの方に追加して保存終了します)
> > > alias vi='/usr/local/bin/jvim'
> > > # source .bashrc
> >
> > 試しましたが、vimが起動する上、日本語が入力できませんでした。
>
> (長南さんが丁寧且つ適切な返信をされていますので、この部分だけに反応しま
> す)
>
> 上の alias 設定は、同じページ(vi-user-usage-8.html)の直前に書かれていま
> すように、
>
> > 以下はjvimが/usr/local/bin/にある場合の例です。
>
> ですので、/bin/ にインストールされる Vine の jvim にはあてはまりませ
> ん。
> alias vi='/usr/local/bin/jvim'
> は、「存在しない '/usr/local/bin/jvim'」 を呼び出し、それに失敗して本来
> の vi = vim を起動するので、
>
> > 試しましたが、vimが起動する...
>
> という事になります。
> (コマンドの在処を調べるには、'$ which jvim' のように、which コマンドを使
> います)

なるほど、そういう事だったのですね。今まで、この、コマンドはどこから来てる
のだろう?と思ったことが有ったのですが、whichコマンドを使って調べられるん
ですね。勉強になりました。

> あえて alias (別名)設定するなら、問題の部分は、
> alias vi='/bin/jvim'
> になりますが、jvim を起動したい時は、
> $ jvim abc.txt
> などとすればいいわけですから、vi に jvim への alias 設定をする意味は殆ど
> ありません。逆に普通の vi (実際には vim: 後述) が使えなくなり、かえって
> 有害ですらあります。

jvimはコンソールで、散々試しましたが、一度も、日本語入力にたどりつけませ
んでした(バッファーには表示されますが、enterを押すと、入力した物が、全部
消えて、無くなってしまい、:q!も反応しませんでした)。これからはvimを使う
ことにします。

>
> alias は、長い path を含むファイル名や忘れ易いオプションを入力する時など
> は便利ではありますが、元のファイルのパスやオプションの意味を隠してしまい
> ますので、極力乱用は避けられた方がよいでしょう。

はい。心がけます。

>
> 以下は参考までに。
> -------------------------------------
> *vi を実行すると vim が起動するのは?
>
> vi(/bin/vi) は、
> $ ls -l /bin/vi
> lrwxrwxrwx 1 root root 20 12月29日 2007 /bin/vi
> -> /etc/alternatives/vi*
> (実際には一行で表示されます。以下同様)
> のように、/etc/alternatives/vi へのリンクに、さらに、
> $ ls -l /etc/alternatives/vi
> lrwxrwxrwx 1 root root 19 9月27日 23:28 /etc/alternatives/vi
> -> /usr/bin/vim.xxxx*
> と、/usr/bin/vim.xxxx へのリンクになっています。
> ('.xxxx' の部分には、'.normal'、'.big'、'.huge' など、インストールされ
> た vim の種類により、違った表示になります。通常は 'vim.noamal'、最大機能
> 版 vim-X11-huge をインストールしていれば 'vim.huge' が呼び出されます)
>
> -------------------------------------
> *参考ページでは、なぜ「jvimが/usr/local/bin/にある場合の例」なのか?
>
> jvim がディストリ標準パッケージとして用意されていなかった頃の名残りだと
> 思われます。同ページの最初の方に、
>
> > 以下の説明はやや時代遅れの内容となっていますが(2001/02/26現在)、
> > 参考のため、作成時の内容のまま載せます。

既に時代遅れの、情報だったんですね。見付けたときは、やっと、参考になり
そうなサイトを見付けたと思い、一歩、前進したつもりだったのですが。


> ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
> と、(2001/02/26現在) 時点でも既に「時代遅れ」とされていた内容、つまり
> 「最低でも 7、8年以上前の情報」という事になります。
>
> # web や オンラインマニュアルの情報を参考にされるのは、とても良い事だ
> # と思いますが、自分の環境に適用する時は「現状に合っているか」を考え、
> # 必要に応じて複数の情報を比較検討する事も重要です。
>

はい。今後はそうします。web情報の鮮度も、重要なんですね。


投稿者 xml-rpc : 2008年9月29日 13:59
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/77690
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。