2008年7月 6日

[vine-users:078556] Re: Kernel panic - not syncing: Attempted to killinit!で立ち上がりません。

中司と申します。

シングルユーザモードで起動して menu.list を編集すれば直ると思われます。
シングルユーザモードへの移行は、
grub起動時に該当行で e を押下して行の最後に"スペース1->( 1 )を
入力、後にエンター、さらに b を押下です。

menu.list の変更点は、

[修正前] kernel /vmlinuz ro root=LABEL=/1 NETWORKING_IPV6=no
[修正後] kernel /vmlinuz ro root=LABEL=/ NETWORKING_IPV6=no
です。
試してみてください。


On Sun, 6 Jul 2008 18:26:20 +0900 (JST)
向原 <npo_suport@xxxxx> wrote:

(snip)
> # menu.lst generated by anaconda
> #
> # Note that you do not have to rerun grub after making
> changes to this file
> # NOTICE: You have a /boot partition. This means that
> # all kernel and initrd paths are relative to
> /boot/, eg.
> # root (hd0,0)
> # kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/sda2
> # initrd /initrd-version.img
> #boot=/dev/sda
> default=0
> timeout=5
>
> title Vine Linux (Current kernel)
> root (hd0,0)
> kernel /vmlinuz ro root=LABEL=/1 NETWORKING_IPV6=no
--> こののところ root=LABEL=/ にしてみては如何でしょう。

> resume2=swap:/dev/sda3
> initrd /initrd.img
>
> title Vine Linux (Previous kernel)
> root (hd0,0)
> kernel /vmlinuz.old ro root=LABEL=/1 NETWORKING_IPV6=no
> resume2=swap:/dev/sda3
> initrd /initrd.old.img
> 記述の追加が終わったら上書き保存するだけで自動的に設定が
> 反映されます。
> これで一度システムの電源を切り、再起動すればIPv6の設定は
> 無効になるはずです。
>
> 再起動時のメッセージ内容
> ・・
> ・・
> ・・
> Mounting sysfs
> Creating block devices
> Creating root devices
> mkrootdev: label /1 not found
> Suspend2 2.2.5:Swapwriter:Signature found
> Suspend2 2.2.5:Resuming enabled.
> Mounting root filesystem
> mount: error 2 nounting ext3
> Switching to new root
> switchroot: mount failed: 22
> Kernel panic - not syncing: Attempted to kill init!
>
> ご教示方宜しくお願い致します。
>


投稿者 xml-rpc : 2008年7月 6日 20:12
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/75032
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。