2008年4月20日

[vine-users:078344] Re: 4.2インストール時のキー配列

山本@千葉です.

At Sat, 19 Apr 2008 23:53:25 +0900,
Masahide Takahashi wrote:
> 4.2インストール時のキー配列と
> インストール後のログイン時のキー配列が一部異なっていた?ため
> 解らなくて、なかなかログインできず半日ほど試行錯誤しました。
tty2 で root になってログインするか,

それも無理でパスワードが正しく入力できないようでしたら,
シングルユーザーモードでログインして,
一時的にパスワードを簡単にしてしまうなどの対処法があります.

> 具体的にはパスワードの一部に@マークを使用したことで、
> インストール時とログイン時で@の場所が違うと言うものです。
>
> #解ったことは、インストールのときは@は(シフト+2)を押す
> #ログインでは@は@でok
おそらく xorg.conf のキー配列の設定が,US キー配列になっています.

念のため,次の結果が以下のようになるか確認して下さい.

$ cat /etc/sysconfig/keyboard
KEYBOARDTYPE="pc"
KEYTABLE="jp106"

$ cat /etc/X11/xorg.conf | grep Xkb
(途中省略)
Option "XkbModel" "jp106"
Option "XkbLayout" "jp"

> 私の環境だけの問題なのかもしれませんが、何かの参考になればと
> 思います。キーボードは昔のIBMアプティバの付属品でした。
IBM 5576-B01 でしょうか?ということは,jp106 キー配列になりますね.

----------
山本 宗宏
Key ID: 0x7637A1D1
Key Fingerprint: 570B C7E6 E5F3 E14F 0898 3EB8 8ECC 8310 7637 A1D1

投稿者 xml-rpc : 2008年4月20日 00:19
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/72304
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。