2008年4月 8日

[vine-users:078295] Re: nisによる認証失敗

 今村と申します。

 自分の所のNISのマスター・スレーブサーバーはLinux
ではなく、FreeBSDですが、クライアントにVine3.2/4.2
なマシンがある環境での経験ですが。

KENTARO TAKAMI(Tue, 8 Apr 2008 16:40:54 +0900) worte in
<20080408164054.5cbf6b5d.takami@xxxxx>

[..]
>トラブルが発生前にここ最近に行った作業は、ユーザーの追加・削除くらいです。
[..]

 具体的にどのような手順でユーザーの追加・削除を
行われましたでしょうか。自分はLinux,FreeBSDでNIS
マップを共有させながら運用しています。かって、
ユーザーの追加・削除の方法、マップへの反映方法に
誤りがあった結果、passwd/shadowマップが正しく、
更新されずに、一部のユーザーのログインができなく
なったことがあります。

 具体的にどのような手順でユーザーの追加・削除を
行ったかの他、

 数井さんが御指摘のように

kazui uni(Tue, 8 Apr 2008 17:52:17 +0900) worte in
<522b9eaa0804080152y27f4ea7cwe4368a5e0da5336b@xxxxx>
[..]
>#ypcat passwd

#ypcat shadow.byname

を確認して、当該のユーザーが両方に含まれていて
ypcat shadow.bynameに期待するパスワードの暗号化
された文字列が含まれているか、確認されてはいか
がでしょうか。

 passwdまたはshadow.bynameに期待するユーザーが
含まれていないようであれば、「NIS」ユーザーの
追加・削除の方法に誤りがあった可能性があります。

 参考になれば幸いです。

投稿者 xml-rpc : 2008年4月 8日 18:25
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71928
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。