2008年4月 6日

[vine-users:078280] Re: PowerMacG3B&WからiMACへ移行可能でしょうか?

伊藤様

児玉です。 ご回答いただき有難うございました。

ご説明いただいた内容が理解できるだけの理解力がなくて申し訳ありません。

要するにMacOS X 上に仮想環境(VMware Fusion)をつくり、そこへ
x86版のVine Linuxをインストールするという感じですね。


現在の機種(PowerMacG3 B&W)での起動方法はyabootを利用していますが、
当然これも違ってくるのですね。

完全に理解できないまでも、なんとか頭の中でイメージはできました。
有難うございました。


On 08/04/05 12:26, "ito" <jaja@xxxxx> wrote:

> 伊藤と申します。
>
> (まずx86版のVine Linuxをインストール事が前提となります。)
>
> 私は、Intel Mac上に仮想環境(VMware Fusion)を用意して、
> Vine Linuxを動かしています。
>
> Intel iMac上で、Vine Linuxが動くかどうかは確かめていませんが、
> たぶん一筋縄では行かないのではないかと思います。
>
> KNOPPIXは、iMac上でCD-ROMからBootする事を確認して居ますし、
> RHEL4はインストールは出来たので、
> インストールとしては可能な範疇だと思います。
> しかし、起動が出来るか不明です。
>
> Intel MacでOSを起動させるには、
> BIOSのエミュレーション的な方法を使用する方法(MS-Windows、KNOPPIX)と
> EFIファイル(MacOS等)を用意する方法と2種類あります。
>
> BIOSのエミュレーションがあるとはいえ
> 標準のままの設定では、LILOやGRUB等は正常に動かないと思われます。
>
> 代わりに、Intel MacはEFIを使用していますので、
> GRUBのソースを取得してEFI版をコンパイルすれば、
> 行けるかも知れませんが・・・。(試した事はありません)
>
> 起動さえ出来てしまえば、
> DOS/Vとそんなに大差ないので動かすことは十分可能と思います。
>
>
> # 簡単に構築したい場合は、
> # VMware Fusion等の仮想環境上への構築をお勧めします。
>
> 以上。


投稿者 xml-rpc : 2008年4月 6日 21:55
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71840
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。