2008年4月 5日

[vine-users:078277] Re: PowerMacG3 B&WからiMACへ移行可能でしょうか?

伊藤と申します。

(まずx86版のVine Linuxをインストール事が前提となります。)

私は、Intel Mac上に仮想環境(VMware Fusion)を用意して、
Vine Linuxを動かしています。

Intel iMac上で、Vine Linuxが動くかどうかは確かめていませんが、

たぶん一筋縄では行かないのではないかと思います。

KNOPPIXは、iMac上でCD-ROMからBootする事を確認して居ますし、
RHEL4はインストールは出来たので、
インストールとしては可能な範疇だと思います。
しかし、起動が出来るか不明です。

Intel MacでOSを起動させるには、
BIOSのエミュレーション的な方法を使用する方法(MS-Windows、KNOPPIX)と
EFIファイル(MacOS等)を用意する方法と2種類あります。

BIOSのエミュレーションがあるとはいえ
標準のままの設定では、LILOやGRUB等は正常に動かないと思われます。

代わりに、Intel MacはEFIを使用していますので、
GRUBのソースを取得してEFI版をコンパイルすれば、
行けるかも知れませんが・・・。(試した事はありません)

起動さえ出来てしまえば、
DOS/Vとそんなに大差ないので動かすことは十分可能と思います。


# 簡単に構築したい場合は、
# VMware Fusion等の仮想環境上への構築をお勧めします。

以上。

児玉 清 さんは書きました:
> 児玉と申します。
>
> 現在、PowerMacG3 B&Wのハード上でPPC版のVineLinux4.2を利用しています。
> PowerMacG3 B&Wは相当古い機種になってしまったのでiMacへの移行を考えて
> います。
>
> 最新のiMacでVineLinux4.2を稼働させることができるのでしょうか?
> どこか参照できるページがあればお教えいただけませんか?
>
> よろしくお願いいたします。
>
> 気になる点は以下の2点です。
> (1)DVDドライブ(CD装置機能も兼用)
>   8倍速、2層式SuperDrive   (DVD−RW/CD−RW)
> (2)ディスプレイ
>   ATI Radeon HD 2600 PROグラフィックプロセッサ
>
>
>
>


投稿者 xml-rpc : 2008年4月 5日 12:26
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71814
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。