2008年4月 3日

[vine-users:078261] Re: dd コマンドについて

河村です。

島野さん、返信ありがとうございました。早速、教えていただ
いた

http://www.wheel.gr.jp/~dai/software/wipe-out/

からダウンロードしたツールを試してみましたが、紹介されて

いたメニュー画面は表示されずに、英語のメッセージがすごい
スピードで流れて(見づらくて申し訳ありませんが)

Completed codepage select function
NLSFUNC R4.00 National Language Support
Copyright (c) 1988,1998 Caldera, Inc. All rights
rserved.

NWCache R1.02 Disk Cache
Copyright (c) 1993, 1998 Caldera, Inc. All rights
reserved.
Copyright (c) 1985, 1990, 1992, Golden Bow Systems.

Using DPMS DOS Protected Mode Services.

Cache size: 7670 KB (XMS)
Minimum cache size: 1024KB
Write-through drives: A B

Current options:
/MLX Program is loaded into conventional and XMS
memory using DPMS
/BL=16 Lookahead buffer is in conventional memory,
size is in KB
/LEND=ON Lend memory to other applications - 6646 KB
available
/DELAY=OFF Write delay is disabled, caching is
write-through

Caldera DR-DOS 7.03
Copyright (c) 1976, 1998 Caldera, Inc. All rights
reserved.
[DR-DOS] A:\>

が表示されたのですが、恥ずかしながら英語は全くわかりませ
ん。カーソルが点滅しているので、コマンドを入力するのでし
ょうか?

ツールは、wpout08t.isoの通常版とPXEブート対応版を試しま
した。

他に情報のが必要でしたら、ご指示ください。

--------------------------------------
GANBARE! NIPPON! Win your ticket to Olympic Games 2008.
http://pr.mail.yahoo.co.jp/ganbare-nippon/

投稿者 xml-rpc : 2008年4月 3日 00:47
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(1)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/71726
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。