2008年2月26日

[vine-users:078113] Re: Software suspend failure

縄手@松江です。

On Sun, 24 Feb 2008 01:51:15 +0900 (JST)
Tetsuro KONISHI <tkonishi@xxxxx> wrote:

>
> 小西と申します。

> ともかく、スワップパーティションを有効にするべく
> /etc/fstabを書き直したりあれこれして、それでも
> うまくいかなかったのですが、その後、
> >>> mkswap -L "SWAP-hda8" /dev/hda8, swapon -av, swapoff などを繰
> >>>り返しているうちに、起動直後からスワップ領域が確保されるようになった。
> >>>ハイバネーション&リジュームも出来るようになった。結局原因は分からず。
> >>>おそるおそる使う。
> と、いつのまにか直りました。

を参考に自分でも試してみましたが、リジュームができません。自分の場合は、

mkswap -L "SWAP-sda6" /dev/sda6
swapon -av
swapoff -av

みたいなコマンドを繰り返し行っています。

起動時にちゃんとスワップ領域が確保されハイバネート動作も行っているのです
が、次に起動すると

Invalid argument

と表示されてスワップを見ることができずリジュームではなく新規起動になりま
す。また、そのときには、起動時にスワップ領域は確保されません。dmesgでは

Unable to fine swap-space signature

と表示されます。スワップ領域が確保されないまま起動したときに、後からswapon
コマンドを使用するとやはり、

/dev/sda6 に swapon
swapon: /dev/sda6: 無効な引数です

と出ます。

投稿者 xml-rpc : 2008年2月26日 16:13
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/70379
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。