2008年2月16日

[vine-users:078055] Re: vine4.2 で amavisd-new+SpamAssassin

宮尾です。

> はい、そうです。宮尾さんの場合は、/var/run/clamav/clamd でよさそう
> です。Vine の clamav パッケージでは LocalSocket /tmp/clamd.socket
> になっていたはずなので、clamav は本家から最新版をもらってきたと
> いうことでしょうか。
いいえ、パッケージからインストールしました。
かなり、いろんな事を試しているのですが、ソケット部分は触った覚えが無いですね。


> また、パーミッションを 755 にすると(644 でも)、当方では /var/log/maillog
> に次のようなメッセージが出て、amavisd の起動に失敗します。
> Feb 16 09:56:22 gojo amavis[2650]: (!!)FATAL: Config file "/etc/amavisd.conf" is writable, UID 101, EUID 101, EGID 102 102 102
私の所では上手く動いてますよ。
ファイル所有者とグループの問題ではありませんか?
# more /etc/passwd で UID 101 と 102 は誰ですか?
# id clamav の結果はどうなっていますか?
# ls -al /etc/amavisd.conf
多分、上記の確認で答えが見つかるかと思います。

> 宮尾さんのところではメールのヘッダに
>
> > X-Virus-Scanned: amavisd-new at *************.jp
>
> と付くそうですから、amavisd は動いているのでしょう。わたしの
> ところとどうして違うんだろう。amavisd-new のバージョンは、どちらも
> 2.5.2-JP で同じはずだし。perl モジュールのバージョンが違うからという
> ことはありえますね。わたくしは CPAN からもらってきましたから。
> とにかく、ps ax を実行して amavisd が動いていることを念のため
> 確認してください(clamd や spamd が動いていることも)。
> 動いていれば、パーミッションがどうであれ、問題ないんじゃないで
> しょうか。
>
> > あーあーあ、そうですね。そういえば点数を指定してやるところが
> > /etc/mail/spamassassin/local.cf ありましたね。
> > 私のは default のまま 5.0 に設定してあります。
> > required_score 5.0
>
> いや、amavisd が動いているとき、メールに Spam 関係のヘッダを
> 付けるのは amavisd の仕事ですから、/etc/amavisd.conf の以下の
> 部分の方です。
> # SPAMメールに関する設定?
> $sa_tag_level_deflt = 0; # add spam info headers if at, or above that level
> $sa_tag2_level_deflt = 6.2; # add 'spam detected' headers at that level
> このへんの詳しいことは、amavisd-new の公式ページにある
> Documentation や Tips and FAQ を見てください。どこに書いてあるか
> 探すのに骨が折れますけれど。
色々、やっている内に携帯から送ったメールにSpam関連のヘッダーが着いていました。
$sa_tag_level_deflt = 2.0;
$sa_tag2_level_deflt = 6.2;
です。デカイファイルを送ったので引っかかったのでしょう。
Return-Path: <**********@docomo.ne.jp>
Received: from ********.jp ([unix socket])
by *********.jp (Cyrus v2.2.12-Invoca-RPM-2.2.12-0vl1) with LMTPA;
Sat, 16 Feb 2008 03:46:29 +0900
X-Sieve: CMU Sieve 2.2
Received: from localhost (localhost.localdomain [127.0.0.1])
by ************.jp (Postfix) with ESMTP id 57DB85C0E2
for <miyao@************.jp>; Sat, 16 Feb 2008 03:46:29 +0900 (JST)
X-Virus-Scanned: amavisd-new at *************.jp
X-Spam-Flag: NO
X-Spam-Score: 2.093
X-Spam-Level: **
X-Spam-Status: No, score=2.093 tagged_above=2 required=6.2
tests=[NO_REAL_NAME=0.55, SUBJECT_ENCODED_TWICE=1.543]

> > > また、/usr/share/doc/spamassassin-3.1.8 にある sample-japanese-local.cf
> > > を /etc/mail/spamassassin/local.cf と入れ換えると、かなり利口になったと
> > > 記憶しています(/etc/mail/spamassassin/README.vine を読むこと)。
> > やってみます。
ちょっと、readme をよんで、同じ事を試してみようと思ったのですが、READMY
が見つかりません!?
[root@********* root]# ls /etc/mail/spamassassin/
init.pre local.cf local.cf~ v310.pre v312.pre
[root@********* root]#

> > 教えていただいたとおり、$sa_tag_level_deflt = -10 に設定してみたのですが
> > ヘッダにspamassassin等と言った情報が付加されないのですが、大丈夫なんで
> > しょうか?
> さあ、どうなんでしょう。amavisd の再起動はしましたか。
amavisd ではなく # /etc/rc.d/init.d/clamd restart
とかやって、へまをしました。
再起動したら上手に出来ました。

--
宮尾 勝巳
Katsumi Miyao <miyao@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2008年2月16日 15:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/69823
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。