2006年7月 9日

[vine-users:074804] Re: pcmcianet.img

羽根様、

有難うございます。ダウンロードしてみましたが、
確かに、古い環境を必要とするみたいですね。
Vine3.2の上で、カスタマイズ出来ると便利だったのですが。
ちょうど、RH6.2が残っていたので、その上で
再挑戦しています。
ここまで、努力する必要があるのか、と思ってしまいました。

やりたかったのは、
PCMCIANET.imgをベースに、
(1) cdromが付属していない
(2) pcmcia network cardがあるが、pcmciaの設定で、
少し、オプションが必要
(3) なPCのrescue用に、network accessが可能な
1枚のsingle rescure fdを作りたかったのです。

橋本

Hideya Hane wrote:
> From: Hashimoto Hisashi
> Date: Sat, 08 Jul 2006 08:53:57 +0900
>
> hashimoh> 中を覗いて、linuxrcを手直しすれば、良いだろうと
> hashimoh> 考えたのですが、これは、sh scriptではなくて、
> hashimoh> binaryなのですね。
> hashimoh> このソースや、install diskの作り方を書いた
> hashimoh> documentは、どこかに無いでしょうか。
>
> あまり良く覚えてないんですけど、確か linuxrc の実体 は init
> だったと思うので、そのソースがあれば良いわけですよね。であれば、
> Vine32-SRPMS.iso の misc/anaconda-7.2.99-3.2.tar.bz2 を解凍する
> と、anaconda-7.2.99-3.2/loader/init.c が見付かると思います。
> ただし、make するには gcc-2.95.3 等の古い環境が必要みたいです。
>
> ==========================
> 羽根 秀也 wing@lain.org
> ==========================
>
>
>


投稿者 xml-rpc : 2006年7月 9日 18:09
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/39242
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。