2006年7月 3日

[vine-users:074756] Re: tgifで日本語入力できない

長南です。

高見さんのメールより [vine-users:074752]
>
> anthy+scimで日本語入力をしたいと考え、
> #apt-get install anthy scim-anthy scim anthy-el
> でインストールし、
> /home/USERNAME/.xinitrc 以下に

> scim -d &
> /etc/X11/xinit/xinitrc
> を記述し、
> /home/USERNAME/.bashrc 以下に
> XMODIFIERS=@im=SCIM
> GTK_IM_MODULE=scim
> export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE
> export USE_XOPENIM=t
> を記述して、

これだと、グラフィック・ログインのときは、scim が起動しないでしょう。
テキストログインでもグラフィックログインでも scim を自動的に使える
ようにするには、/etc/X11/xinit/Xclients を .Xclients としてホーム
ディレクトリにコピーし、# First thing - check the user preferences
というコメントの上あたりに、こんなふうに書いておくとよいと思います。

scim -d

XMODIFIERS=@im=SCIM
GTK_IM_MODULE=scim
USE_XOPENIM=t
TK_KCPROTO=xim

export XMODIFIERS GTK_IM_MODULE USE_XOPENIM TK_KCPROTO

EMACS_IME=anthy
XIM_PROG=scim

export EMACS_IME XIM_PROG

なお、setime は一般ユーザで setime none を実行しておきます。
正直なところ、環境変数はこれで十分なのか、正しいのか、それとも
余計なものまで指定してしまったのか、わかりません。二つのグループに
わけたのも、ただの気まぐれですし。

でも、わたしのところではこれで一応 tgif で日本語入力ができるようです。
「かんじへんかん」と打ち込んでスペースを押すと、文字が消えてしまうと
いった変なところはありますけれど。

もっと綺麗な解決法を希望する場合は、VineSeed から vutils-1.27.0-0vl1 を
もらってきて、その /usr/share/vine/{imelib,vinelib} を参考にすれば
よいと思います。Seed では setime scim ができるようになっていますから。

# vutils-1.27 の imelib や vinelib を Vine 3.2 でそのまま利用すると、
# たとえば uim が使えなくなったりします。

そろそろ Vine 4.0 のベータ版が出そうなので(7/20 予定とか)、それを待つ
ほうが楽ができそうですけれど。

--
長南洋一

投稿者 xml-rpc : 2006年7月 3日 11:58
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/38857
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。