2006年4月11日

[vine-users:074432] System Recovery DVD-ROM

酒井です。

昨日の私は赤の他人・・・ 最近少し昔に設定したことが思い出せなくなって
HDDが死んだときに、復旧させるのに七転八倒するようになってしまいました。

いきなり何を書いてんねん という感じですが、ハードウェアの構成が殆ど同
じ(起動時の自動認識で何とかなる程度の差異)で、全く同じアプリケーション
がインストールされた環境が多数あります。システム更新や、復旧の手間を削

減するために、マスター環境の構築が終わったHDDからそのクローンを作成して
複数台の同一環境構築を行なっています。

パーティション構成は以下のような感じ(Units:sectors)
/dev/hda1 63 -- 4192964 /boot
/dev/hda2 4192965 -- 56629124 /
/dev/hda3 56629125 -- 65015054 SWAP
/dev/hda4 残り全部 Extended
/dev/hda5 Extended 全て /home

/home は、各アカウントのホームディレクトリに割り当てられているが、実際の
各個人の重要データは、NFSマウントのファイルサーバーに保存しているので、
各アカウントのディレクトリさえあればよい程度もの

この構成のディスクイメージを bzip2 で圧縮すると、4GB程度になったので、
isolinux(雛形が転がっていてVineより簡単そうだったので...)を基にした
Bootable DVDを作って使っています。

********* ここからが本題です **********
ここまで出来たならば、DVDを入れて待っていれば、構築が終わるという状態が
見えてきているのですが、後述の2つの壁にぶち当たってしまっています。

・対象が常に全くパーティショニングされていないHDDとは限らないので、
 シェルスクリプトによる全パーティションの無条件削除
・シェルスクリプトによるパーティションの作成

二番目のパーティションの作成は、テキストファイルからのリダイレクトで何と
かなりそうなのですが、全てのパーティションを削除する方法については皆目見
当がつきません。何かよいアイデアをお持ちの方はいらっしゃいませんか?

**************************************************
* 放射光利用促進機構 高輝度光科学研究センター *
* ビームライン技術部門 情報ネットワークチーム *
* Japan Synchrotron Radiation *
* Research Institute (JASRI). *
* 酒 井 久 伸 [Sakai Hisanobu] *
* 兵庫県佐用郡佐用町光都1丁目1-1   *
* 0791-58-0803 内線 3950 (構内PHS) *
* http://www.spring8.or.jp/JAPANESE/ *
* E-Mail:saki@xxxxx *
**************************************************


投稿者 xml-rpc : 2006年4月11日 17:14
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34695
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。