2006年4月 6日

[vine-users:074374] Re: PPC用インストールディスクの作成方法

竹中@横浜です。

On 2006/04/05, at 13:06, K Hanai wrote:

> 花井@京都です。
>
>> インストールするマシンに yaboot と yaboot.conf を
>> おいて、

>> yaboot.conf を書き変えるのだ
>> と想像しているのですが、記述方法がよく分かりません。ご教示頂
>> けれ
>> ば幸いです。
>
> えーと何も書き換える必要はありません。
> インストーラに従ってインストールを進めてゆくと、パッケー
> ジをどこから取ってくるのかを選択する画面が出てきます。
> (たしか、VinePPC だとネットワークの設定を済ませた後)
> ここで、cdrom のかわりに http を選ぶだけです。する
> と、
> URL やプロキシの設定などを聞いて来ますので必要に応じて
> 入力します。ローカルネットワークからなら、プロキシとか
> は不要ですが。
> URL を正しく入力しないと、パッケージが見つからないとか
> のエラーが出て先に進めません。インストールCDROM をマウ
> ントして、それを、例えば linux とかで参照できるように
> しているとすると、パッケージのURL は
> http://ip_address/linux/
> になると思います。
> インストーラは、初めから、ネットワークインストールに対応
> しています。(これはどの linux distribution でもそ
> うではな
> いかと思います)

OSX マシン側の IEEE1394 外付けローカルディスク (ボ
リューム名は Senna、hfs+)の直
下に、Vine-3.1CRFW-ppc/ というフォルダを作成して、/
Vine/、software/などのパッケー
ジを全てコピーしました。(シンボリックリンクは全てディレク
トリとして中身もコピー
しています。コピー方法は、一旦、Linux マシンの ext3
のホームディレクトリにコピー
した後に、このホームディレクトリーを AppleTalk で
OSX マシンにマウントして、上記
フォルダにコピーしました。

Library/WebServer/Documents/ に、

ln -s /Volume/Senna/Vine-3.1CRFW-ppc/ linux

でシンボリックリンクを置いて、Web 共有機能を有効にしました。

起動用のCDの作成には成功して、Linux マシン側の
IEEE1394 ドライブの認識と X イ
ンストーラの起動は出来ました。もちろん、ドライブパーティッション
設定とパーティッ
ションの選択で、IEEE1394 ドライブの設定、フォーマット、マ
ウントに成功しました。

次に、X インストーラでネットワーク設定を行い、インストール
するメディアの選択で、
”サイト”に http://192.168.1.7/linux/ と入力して”この
URL で実行”を押すので
すが、下記のようなメッセージを出して認識してくれません。

http://192.168.1.7/linux/
 このサイトは現在動作していないようです。
ほかのサイトを試してみてください。

ところが他の OSX マシン (192.168.1.4) からは上記サイ
トは見えています。

また、OSX マシン (192.168.1.7) と インストール
対象マシン (192.168.1.2) 間では
互いに Ping は通ります。

ネットワーク設定は、

デバイス名:eth0
IPアドレス:192.168.1.2
ゲートウェイ:192.168.1.1 ← ADSL ルータのアドレス
ネットマスク:255.255.255.0

起動時に有効とデフォルトゲートウェイのボタンは両方 ON

ホスト名:localhost.localdomain
ネームサーバ:ISPのDNSアドレス

としております。

インストーラが上記の OSX の Web 共有アドレスを認識し
ない原因がよく分かりません。
よろしくお願い致します。
---
竹中 浩
tkn-hiroshi@xxxxx


投稿者 xml-rpc : 2006年4月 6日 01:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34465
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。