2006年4月 5日

[vine-users:074366] Re: PPC用インストールディスクの作成方法

花井@京都です。

From: 竹中 浩
Subject: [vine-users:074365] Re: PPC用インストールディスクの作成方法
Date: Wed, 05 Apr 2006 12:05:56 +0900
Message-ID: <80E6CD66-4D7B-4CBB-91E3-72F325873C70@xxxxx>

> インストールするマシンに yaboot と yaboot.conf をおいて、

> yaboot.conf を書き変えるのだ
> と想像しているのですが、記述方法がよく分かりません。ご教示頂けれ
> ば幸いです。

えーと何も書き換える必要はありません。
インストーラに従ってインストールを進めてゆくと、パッケー
ジをどこから取ってくるのかを選択する画面が出てきます。
(たしか、VinePPC だとネットワークの設定を済ませた後)
ここで、cdrom のかわりに http を選ぶだけです。すると、
URL やプロキシの設定などを聞いて来ますので必要に応じて
入力します。ローカルネットワークからなら、プロキシとか
は不要ですが。
URL を正しく入力しないと、パッケージが見つからないとか
のエラーが出て先に進めません。インストールCDROM をマウ
ントして、それを、例えば linux とかで参照できるように
しているとすると、パッケージのURL は
http://ip_address/linux/
になると思います。
インストーラは、初めから、ネットワークインストールに対応
しています。(これはどの linux distribution でもそうではな
いかと思います)

それから前のレスで、インストールCDROM は hybrid format と
書きましたが、hfs の間違いです。マックは、hfs or hfs+ か
らしか起動できませんので。hybrid format でもダメです。
パッケージを置くだけなら、起動は無関係になるので、Rock
Ridge 拡張の iso9660 でかまわないのですが。hfs だと長いフ
ァイル名などが切れてしまうのが厄介です。

投稿者 xml-rpc : 2006年4月 5日 13:06
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34435
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。