2006年4月 5日

[vine-users:074363] Re: ADSL(フレッツ)で接続できません。

 田添 一哉と申します。

 【 Kouzuma Kunikazu 】さんが
 【 Tue, 04 Apr 2006 19:26:28 +0900 】に書かれた
 【 [vine-users:074360] Re: ADSL(フレッツ)で接続できません。 】のメール
に対する返信です。

> >判断根拠

>
> ハードウェアアドレスが、ちゃんと出ているので、
> 大丈夫ではないかと思います。

 そうですね。

> WinXP とのデュアルブートになっていて、
> Win側では、ちゃんと接続ができるのでつながっていると
> 思います。

 そうですね。

> あと、ここでいうルータとは、ADSLのモデムのことで
> いいですよね。

 そうです。表現が誤っていました。

>
> それから、ifconfig をした結果をのせておきます。
>
> eth0 リンク方法:イーサネット ハードウェアアドレス
> **:**:**:**:**:** (* にしておきます。)
> UP BROADCAST MULTICAST MTU:1500 Metric:1
> RXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 フレーム:0
> TXパケット:0 エラー:0 損失:0 オーバラン:0 キャリア:0
> 衝突(Collisions):0 TXキュー長:1000
> RX bytes:0 (0.0 b) TX bytes:0 (0.0 b)
> 割り込み:16 メモリ:4f800000-4f810000
>
> これが出るということは、NIC が Active ということなのでしょうか。

 となると思います。起動時に Network を有効にせずに、connect させてみる
と、どうなりますか?netcfg コマンドを使う
か、/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0 を開いて、ONBOOT=yes と
なっているところを、ONBOOT=no に変更してみると、起動時に eth0 を Active
にしなくなります。

> それから、dmesg をしてみたのですが、そこに、
>
> bcm5700: eth0 NIC Link is DOWN
>
> というのが、出ていました。

 前後の行もあると、よりはっきりするように感じます。NIC は有効ですが、
IP アドレスが割当られていないためか、ネットワーク的には接続できていない
(DOWN) しているのではないでしょうか?

> この接続がちゃんとできるようになってから考えてみようと
> 思います。

 ルータにするメリットは、Windows からでも Linux からでも、設定する内容
は同一となる、ということもあります。Linux だけでなく、Windows でも
PPPoE の設定は結構面倒なので、ルータに任せることで、手間を減らす、という
意味もあります。

----+----1----+----2----+----3----+----4----+----5----+----6----+----7
田添 一哉 (Tazoe Kazuya)    URL http://www.thinkpad-lover.org/
PC:ThinkPad T41改 OS:TurboLinux 10F改 mailer:Sylpheed 2.2.0

投稿者 xml-rpc : 2006年4月 5日 07:26
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34417
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。