2006年4月 3日

[vine-users:074352] Re: PPC用インストールディスクの作成方法

花井@京都です。

順番を変えさせてもらいます。

From: 竹中 浩
Subject: [vine-users:074351] Re: PPC用インストールディスクの作成方法
Date: Mon, 03 Apr 2006 11:19:14 +0900
Message-ID: <7AD3A5C4-F50B-49E8-B993-89DE21C07FE9@xxxxx>

> のが原因かと思います。MacOSXにインストールファイル(ディス
> ク)を置いて
> のインストールは(やってみないとわかりませんが)難しい気がします。

これはできます。少なくとも、私は、インテル機に Linux を入れる
ときによく使ってます。最近はパッケージが多くて、DVD になって
いるものがよくありますが、インストールしたいマシンが cdrom し
か読めないときには、その DVD を OSX にマウントして、OSX の
http document directory (/Library/WebServer/Documents) に
linux とかのシンボリックリンクを張ってその DVD を参照できるよ
うにして使います。シンボリックリンク張るだけで使えますので、
便利です。

これで、RedHat や Debian でも問題なくインストールできています。
YellowDog でも使ったと思います。これらの iso ファイルをダウン
ロードしたときには、ディスクユーティリティでマウントするだけ
で同じように使えます。
ローカルネットワークでの Web サーバ参照になるので、cd から読み
出すより速いです。Vine で使えないはずはない、と思います。

> えません。MacOSXのマシンはあるのですが、OSXでもイン
> ストールCDで本来はext3上に置くべき、シンボリックリン
> クやrpmを格納したディレクトリは見えません。

これは、 Vine PPC がなにか特殊な作り方をしているためと思います。
本来は、CDROM ですから、ext3 とかにはできるはずもなく、hybrid
format のはずですから、OSX でパッケージが見えてもいいと思います。
実際、i386 インストール用の CDROM とか、YellowDog の CDROM な
んかでは普通にパッケージが見えてます。

確かにそのままでは VinePPC の CDROM を OSX にマウントしても Vine
directory が見えないので、あらかじめ、Linux 機でここのファイルを
コピーしておくなどが必要かも知れません。
でも、そうしておけば、OSX の hfs+ に置いていても問題ないと思い
ます。

投稿者 xml-rpc : 2006年4月 3日 12:14
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/34357
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。