2005年4月 6日

[vine-users:071432] Re: CUPSでのフィルタの設定

大西です。情報ありがとうございます。

take_tk wrote:

>
>CUPS でのフィルタリングの全体像は
>
> http://www.linuxprinting.org/kpfeifle/LinuxKongress2002/Tutorial/V.CUPS-Filtering-Architecture/V.CUPS-Workshop-LinuxKongress2002-Content.html
>
>の次の図表が分かりやすかった。

>
>Overall picture for CUPS filters, with plugged-in cupsomatic (from Linuxprinting.org), Gimp-Print & TurboPrint:
>
なんとな〜くわかったような気がします。
mime.type にルールを記述し mime を振り当て、
mime.convs にその mime に合った処理を記述するという事でしょうか。

今回の場合、画像ファイルを処理した上で、PSプリンタに書き出したいので
標準入力から受け取って、処理したデータをPS形式にして標準出力に出す
というフィルターを作れば良いようですね。
mime.convs に引数についての記述もあったし、なんとかなるかも...。
(netpbm で出来る処理なので、数行のシェルスクリプトで済みそうだし)
あまり触りたくないUNIX機からリモートでプリントアウトを画策しているので
そこら辺りにもう一つ山があるかも知れませんが。

>foomaticに関しては、次のurlが参考になりそうです。
>
> http://www.linuxprinting.org/foomatic.html
>
>/usr/share/doc/foomatic-3.0.1/foomatic-filters-3.0.1/README
>
こちらはもう一つわからないっていうか、英語を読んで理解する気力が
わいて来ないと言うか...。
foomatic はデータベースであるそうだけれど、PPDを用意してくれている
他に、何をしているのだろうって辺りは、もう少しチャンと読まないと
わかりません。

>* てゆーか、lpr に変更する手もあるが・・
>
それでも良いんですけどね。一応CUPSが標準という事なので。
でも、あまりあっちこっち弄ると標準からどんどんはずれちゃうので、
サーバ等々の入れ換えの時に返って苦労するかなぁとも思いますが。

普通にUNIX機にNetpbmを入れればいいのに、うまくいかなくって...。
(ソースからやろうとして、エラーの多さに諦めてしまいました)
HP-UX10.20 で使える Netpbm のバイナリなんてどこかにありますかねぇ。

--
大西愼一 frsmw@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2005年4月 6日 22:22
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/13234
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。