2005年1月23日

[vine-users:069898] Re: lists.linux.or.jp の helo restrictions

大里です。

> From: Kazuhiro
> Subject: [vine-users:069896] Re: lists.linux.or.jp の helo restrictions
> Date: Sun, 23 Jan 2005 00:06:22 +0900

> > smtpd_delay_reject = { yes | no } によって、どのタイミングでエ
> > ラーを返すか変わると思います。
>
> smtpd_delay_reject = no に設定することにより、即座に 450 <example.com>:

> Helo command rejected: Host not found を返すことを確認しました。

example.com は A レコードが存在するので、そうはならないような
気がします。example.co.jp ならそうなります。

> RFC 2821 の Page 48 にある下記の記述と矛盾する仕様ですよね?
> Specific sequences are:
> EHLO or HELO
> S: 250
> E: 504, 550
>
> そういう実装もあるのだなぁと、大変勉強になりました。

そのために、unknown_hostname_reject_code で応答コードを指定で
きる実装になっています。
lists.linux.or.jp が smtpd_delay_reject = no にしておきながら
デフォルトの応答コードのままだったのは、片手落ちな設定と言える
のかもしれません。

--
kazz

投稿者 xml-rpc : 2005年1月23日 00:31
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/11721
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。