2005年1月21日

[vine-users:069831] Re: apt-get で「セグメンテーション違反」となる

長南です。

よく知らないことを書いています。間違っていたら、突っ込んでください。

セグメンテーション違反というのは、不正なメモリ参照のことでしょう。
つまり、プログラムが使用することを許されているメモリ領域以外に
アクセスしようとしたとか、読み込み専用のメモリ領域に書き込もうと
したとか。

そうしたことは、プログラムにバグがあって起きることもあれば、ハード

ウェアに問題があって起きることもあるのだそうです。

まず、apt-get をしたときにしか起きないのですか。ほかのプログラムを
実行したときにも起きるとすれば、apt-get の問題ではないわけです。

ほかの方のところでは、apt-get で問題が起きていないのですから、
apt-get にセグメンテーション違反を起こすようなバグがあるとは
思えません。でも、ひょっとすると、堀越さんのところの apt-get が
壊れているのかもしれない。それは、一応

rpm -V apt

で調べられます。前もって jman rpm で -V オプションが出す出力の意味を
調べておいてください。ついでにこれもやりましょうか。

rpm -V rpm

もっとも、rpm がおかしいとしたら、結果は信用できませんけれど。

apt や rpm パッケージのファイル以外に問題がある場合は、当然ながら、
ほかのプログラムを実行したときにもセグメンテーション違反が起きる確率が
高いわけです。

apt に問題がなさそうなら、メモリ、CPU、ハードディスクなどハードウェアが
あやしいということになるのでしょう。また、CUP のオーバークロックはして
いないかとか、熱暴走は大丈夫かとかも。それから、仮想記憶が不足している
ときも起きることがあるとか。仮想記憶って SWAP パーティションのことでしょう。

ハードウェアの問題なら、apt-get 以外でもセグメンテーション違反が
起きると思います。

# なおセグメンテーション違反については、この文書が参考になります。
# /usr/share/doc/JF/GCC-SIG11-FAQ.txt.gz

--
長南洋一

投稿者 xml-rpc : 2005年1月21日 18:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/11666
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。