2005年1月15日

[vine-users:069718] Re: apache2のアップデートでsubversionにアクセス不能

藤田です。

今日もいろいろと試してみました。結局まだ問題は解決できていないのですが、
報告したいと思います。

apache2を更新し、subversionを更新した後でリポジトリにアクセスできなくな
るのは多分dbのバージョンが4.0→4.2に上がったからではないかと考えました。
http://www.sleepycat.com/download/db/index.shtml のchangelogを見てみると、
バージョン4.2のところに"Requires log file format upgrade."とあります。

そこで
http://shiba.zive.net/ch05s03.html
に従ってsubversionのアップグレード前にsvnadmin dumpで書き出しておいて、
subversionを新しくしてから新たなリポジトリを作り、そこへ元々のデータをsvnadmin
loadで書き戻せばいいのではないかと考えました。

早速やってみたのですが、svnadmin create repos として新しいリポジトリを作
ろうとしてもなお

> svn: Berkeley DB error while opening environment for filesystem
> repos/db:
> Invalid argument

というエラーが出てしまいました。このとき、repos以下には
> README.txt conf/ dav/ db/ format hooks/ locks/
といった通常のディレクトリツリーができているように見えました。

となるとsubversionのリビルドの仕方がまずかったのでしょうか。

apt-getで取得したsubversion-vl.specで書き換えたのは、14行目の
> Release: 0vl1.2
と136行目
> make %{?_smp_mflags} all swig-pl-lib SVN_APR_LIBS="-L/usr/lib -lapr-0
> -lrt -lm -lcrypt -lnsl -ldl -lgdbm -ldb-4.2 -lneon"
> SVN_APRUTIL_LIBS="-L/usr/lib -laprutil-0 -lldap -llber -lgdbm -ldb-4.2
> -lexpat -lneon"
の2カ所だけです。

BerkeleyDB関連のバージョンは以下の通りです。

$ rpm -rq | grep db
rpm -qa | grep db
gdbm-1.8.0-20vl1
pwdb-0.62-0vl2
db40-4.0.14-15vl4
db4-devel-4.2.52-6vl3
db4-4.2.52-6vl3
gdbm-devel-1.8.0-20vl1

subversion 1.0.6はBerkeley DB 4.2にそもそも対応していないのか?とも考え
ましたが、
http://svn.collab.net/repos/svn/trunk/CHANGES
によると0.35.0の段階で既にDB 4.2の使用が推奨されていますから、そういうわ
けでもなさそうです。


Hajime Fujita <hajime-fujita@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2005年1月15日 16:50
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/11543
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。