2005年1月 8日

[vine-users:069553] Re: Vine 3.1 + LPRng での日本語印刷の不具合

まちの です。

On Fri, 7 Jan 2005 22:33:20 +0900
mail@xxxxx wrote:

> モードは自動判別の様です. プリンタに操作パネルが付いていな
> いタイプのものですので, 手動変更は出来ませんでした.

そうですか。

> 教えて頂いた方法でテストページの印刷をしたところ,
> # file /tmp/print.prn
> /tmp/print.prn: PostScript document text conforming
> at level 3.0
> となったので印刷データが PS になっている樣です. gv で表示も
> 出来ました.

ん?
やはり、ここが変です。

foomaticのEpson LP-2200, Foomatic + lp2200をドライバに
選択しているのであれば、このファイルは
# file epsontest.prn
epsontest.prn: EPSON Remote Mode printer data
のように表示されるはずなのです。

しかもバイナリであるはずのファイルを
lessやlvで表示すると最初の数行に
@EJL SJ ID="Ghostscript"
@EJL SE LA=ESC/PAGE
という記述になっているのが正常な結果だと思います。

> そうですね, LPRng で使用することにします. ただ, 将来印刷シ
> ステムが CUPS のみになるのでしたら, いずれ対策をしないと…

すでにLPRngはメンテナンスされていません。
CUPSをもう少し調べるのであれば、
一度、CUPSに登録したLP2200のエントリを削除して、
cupsdを再起動してからプリンタの登録をし直してみると
良いかもしれません。

それでもダメならば、
eplaser-cupsも削除してしまってから
パッケージを入れ直してみるという方法もあります。
foomaticとeplaser-cupはインストールされていますよね?

--
まちの
machino@xxxxx
machino@xxxxx
GnuPG Fingerprint = 815A FA0C 973D AF3C C9EA 7B9B 8D84 8CD3 6B4F BF32


投稿者 xml-rpc : 2005年1月 8日 00:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/11378
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。