2005年1月 5日

[vine-users:069493] Re: fmlインスツールで苦戦しています。

Yamada Kazuo やまだ@三宝寺さんは書きました:

すみません。指摘の点の的をつけているかどうか?ですが

>(メール)ログは見られたのでしょうか?
># ログに重要な情報が出ていたりすると思うのですが...
cat /var/log/maillogで見ました。
【駄目な所】
Jan 5 07:43:30 sv36 postfix/smtpd[1377]: connect from vcgw2.ymc.ne.jp[210.175.91.253]
Jan 5 07:43:30 sv36 postfix/smtpd[1377]: 983012095A: client=vcgw2.ymc.ne.jp[210.175.91.253]

Jan 5 07:43:30 sv36 postfix/smtpd[1377]: 983012095A: reject: RCPT from vcgw2.ymc.ne.jp[210.175.91.253]: 450 <t
est@xxxxx>: User unknown in local recipient table; from=<shuichi@xxxxx> to=<test@xxxxx> proto=S
MTP helo=<vcgw2.ymc.ne.jp>
Jan 5 07:43:31 sv36 postfix/smtpd[1377]: disconnect from vcgw2.ymc.ne.jp[210.175.91.253]
と言う所で、どうもtestの認識をしていないようです。

>> 3. /etc/postfix/conf/main.cf 内を修正
>
>え〜と、vineのパッケージでインストールされるpostfixの設定ファイルのパスは、
>この場所では無いと思うのですが、postfixはどのようにインストールされたでしょ
>うか?
すみません。 /etc/postfix/main.cfの間違いでした。

>> 2. aliasの設定

>> をそのまま、アペンドしたのではうまくいきません。
>
>fml用のaliasesファイルを別ファイルとしておくと、fmlのCGIを使うとaliasesファ
>イルへの登録及びnewaliasesまでやってくれます。
この辺は、ちょっと分からないので(^^ゞ まずは、基本を押えてから・・・

>postfixとの間での配送が旨く行っていないのではないでしょうか?
>困っているようだというのはメールの内容で何となくは分かるのですが。
>参考にした説明をだらだらと貼り付けるのではなく、実際に打ったコマンドとか設定
>したファイルの内容やログの内容などを整理して頂いた方が宜しいかと思います。
># fmlユーザの登録とfmlのインストールもどうやったか書かれていませんし...


【PostFix設定】postconf -nで見たもの
alias_database = hash:/etc/postfix/aliases
alias_maps = hash:/etc/postfix/aliases
allow_percent_hack = no
command_directory = /usr/sbin
config_directory = /etc/postfix
daemon_directory = /usr/lib/postfix
debug_peer_level = 2
default_privs = fml
mail_owner = postfix
mail_spool_directory = /var/spool/mail
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain $mydomain
mydomain = xxxxx.jp
myhostname = sv36.xxxxx.jp
mynetworks = 168.100.189.0/28, 127.0.0.0/8
myorigin = $mydomain
queue_directory = /var/spool/postfix
unknown_local_recipient_reject_code = 450

【aliases設定】cat /etc/aliases
# Basic system aliases -- these MUST be present.
MAILER-DAEMON: postmaster
postmaster: root

# General redirections for pseudo accounts.
bin: root
daemon: root
games: root
ingres: root
nobody: root
system: root
toor: root
uucp: root

# Well-known aliases.
manager: root
dumper: root
operator: root

# trap decode to catch security attacks
decode: root

# Person who should get root's mail
#root: marc

fml-test: "|/home/fml/fml.pl /var/spool/ml/test "
fml-test-ctl: "|/home/fml/fml.pl /var/spool/ml/test --ctladdr"

test-request: test-admin
test-admin: fml
owner-test: fml
owner-test-ctl: fml

# Mail Error Analyzer Daemon
# If you use mead.pl, comment out test-admin: line and UNCOMMNET OUT here.
#test-admin: fml, :include:/var/spool/ml/test/include-mead

投稿者 xml-rpc : 2005年1月 5日 08:34
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/11318
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。