2005年1月 2日

[vine-users:069468] Re: Vine 3.1 + CUPS + HP PSC1350の印刷トラブル

長南さん 藤川です

> そして、藤川さんがなさった実験を見ると、どうやら CUPS はちゃんと
> 動いているようです。印刷データをプリンタへ渡す過程で問題が起きている
> らしい。つまり、hpoj の問題らしい。

> しかも http://hpoj.sourceforge.net/suplist.shtml に、PSC1350 は
> hpoj を全く使わないと、スキャンはできないが、印刷はできると書いてある

#service hpoj stop

として、CUPSからテストページを印刷すると印刷される。
gimp2.0を起動して、ファイル→取り込み→Xsane: hpoj:mlc:usb:psc1300series
を選択すると「デバイスが開けません」のエラーが表示されます。

よって、hpojがなくともテストページが印刷できることを確認しました。

> > > 私としては、別のメールにも書きましたが、プリンタ設定をやり直して、
> > > デバイスを PTAL で始まるものにしてみるのが(もしできるならば)、
> > > よいのではないかと思います。もしかすると、Vine 3.1 のカーネルでは
> > > libusb のインストールは必要ないかもしれませんから。

CUPSのプリンタ変更でデバイスをPTALで始まるものに変更しましたが、テストペ
ージも印刷されなくなりました。
そのため、元の USB Printer #1 に戻そうとしましたが
USB Printer #1の後ろに文字が付いたもの(PSC1310の文字だったと思います)
があらわれました。
これに変更しても印刷されなかったので、再起動後USB Printer #1が現れたので
、これを選択してもとに戻しました。

> http://hpoj.sourceforge.net/suplist.shtml
を参考にして、hpijsをインストールしようとしましたが、vineのバージョンと
同じ1.7.1なので導入をためらいました。(vineにはPyQtのパッケージがないた
めうまくインストールできないのではと考えました)

> それから、ひとつ補足すると、ひょっとすると、/var/log/messages に
> hpoj(ptal) 関係のエラーが出ているかもしれません。

/var/log/messagesのptal関係を抜き出しました

Jan 2 14:08:45 dynabook ptal-mlcd: SYSLOG at ExMgr.cpp:652,
dev=<mlc:usb:psc_1300_series>, pid=831, e=2, t=1104642525
ptal-mlcd successfully initialized.
Jan 2 14:08:45 dynabook ptal-printd:
ptal-printd(mlc:usb:psc_1300_series) successfully initialized using
/var/run/ptal-printd/mlc_usb_psc_1300_series*.
Jan 2 14:08:47 dynabook ptal-photod:
ptal-photod(mlc:usb:psc_1300_series) successfully initialized, listening
on port 5703.
Jan

--
藤川 清一
fujikawa@xxxxx

投稿者 xml-rpc : 2005年1月 2日 15:26
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/11293
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。