2004年11月29日

[vine-users:068934] Re: rpmパッケージ管理が壊れてしまう

まちの です。

On Mon, 29 Nov 2004 12:20:04 +0900
Shunta Susuki <shunta@xxxxx> wrote:

> ダウンロードは無事にすんでいる様なのですが、肝心のインストールが始まりま
> せん。仕方なく強制終了後、/var/cache/apt/archives/lockファイルを一旦削除

この時にaptは何かメッセージを出していませんか?
また、なんでlockファイルを削除したんですか?


archives以下にダウンロードしたファイルを削除したい場合は
# apt-get clean
で削除した方が無難です。

lockという空のファイルをrootでパーミッションを0640で作成して
再確認して見てください。

> /var/cache/apt/archives内を覗いてみたところxpdf_3.00-0vl6_i386.rpmは存在
> しておりましたので、
>
> rpm -Uvh xpdf_3.00-0vl6_i386.rpm
>
> としてみたのですが、同様にカーソルが止まったままで、何の変化起きません.

どこの時点で停止するのですか?

> rpm --rebuilddb
> してみたのですが、結果は
>
> エラー: 共有をロックできません (/var/lib/rpm/Packages)
> エラー: インデックス Packages をオープン出来ません

おそらくこれは、
aptが裏で動いている
root権限で実行していない
/var/cache/apt/archives/lockが存在しない
のいずれかだと思いますけども...

> Packagesファイルはバイナリ形式なので編集もできそうもありませんし、削除す
> ると、rpmそのものが使えなくなってしまうようです。

そんなことは普通はしませんし、する必要もありません。

> そこでご相談ですが、この状態からrpmが使えるようにするためにはどの様にす
> ればよろしのでしょうか?

先に書いたようにlockファイルを作成してから
rpm --rebuilddbして見てください。
その後、apt-get cleanしてからapt-get update;apt-get upgradeしてください。

それでもダメなら、
3.1インストール直後ならapt関係のパッケージだけ
再インストールするという方法もあるかもしれません。


--
まちの
machino@xxxxx
machino@xxxxx
GnuPG Fingerprint = 815A FA0C 973D AF3C C9EA 7B9B 8D84 8CD3 6B4F BF32


投稿者 xml-rpc : 2004年11月29日 12:44
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/28372
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。