2004年11月21日

[vine-users:068751] Re: 起動ディスク廃止理由(Re: vine3.0を入れたら共存OSが起動出来なくなった(ご報告))

大里です。

> From: OGAWA
> Subject: [vine-users:068747] Re: 起動ディスク廃止理由(Re: vine3.0を入れたら共存OSが起動出来なくなった(ご報告))
> Date: Sat, 20 Nov 2004 23:31:41 +0900

> 1600k のFD を用意しても、initrd が160k 以上になって
> やはり作れなかったのですが、
> [vine-users:068725]の大里さんのスクリプトで作ったらできました。

21sector/track(1680kB) あたりまでなら大概のマシンで通るのですが、
22sector/track(1760kB) になると、かなりブートできないマシン(BIOS)
もあるようです。

> テストは OK です。起動もできました。
> (boot.b が stat できないというエラーだけでました。

うーん、lilo-22.5.8 では boot.b はできないみたいですね。どう変わっ
たのか、まだ調べていません。いずれにしろ、あのスクリプトじゃまずいか
もしれません。

# さて、glibc-2.3.3 だと lilo のコンパイルが通らんぞ。どうやって
# パッケージ作ったんだろ?

> /boot には、boot.0300 というものがありますが、、、)

これは、lilo が lilo インストール前の MBR のバックアップしたも
のです。
これを dd if=/boot/boot.0300 of=/dev/fd0 などとして、フロッピー
に保管しておくといいです。
Windows に戻すときなど、なにかと問題の多い fdisk /mbr を使わず
に済みます。この FD から直接 Windows を起動もできますし。

# MBR のバックアップを FD に取っておくべしと、ことある毎に主張
# しているんですが、なかなか普及しませんねー。

--
kazz

投稿者 xml-rpc : 2004年11月21日 04:56
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/28066
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。