2004年11月20日

[vine-users:068717] Re: 起動ディスク廃止理由(Re: vine3.0を入れたら共存OSが起動出来なくなった(ご報告))

福原です.

> すみません。よくわからないんですが、initrd がいるんですか。
> mkbootdisk のパッケージをインストールして起動ディスクは作成できましたけど。
> そして今、その起動ディスクでこれを立ち上げました。(2.4.26-0vl15 ですが)

ハードディスクが普通の IDE でつながっている場合は initrd 無しでも
いいのですが,SCSI, RAID, SATA などの場合は initrd が必要だと
思います.

したがって,mkbootdisk で起動用のフロッピーディスクを作るというのは
特別な場合には使えないものになっているので,標準構成では廃止にして
おいた方が問題が少ないという判断だと思います.

# IDE でも initrd を使ってもいいわけなので,そうするとフロッピーディスク
# 1枚には入らないでしょう.

> ]$ ls -l /mnt/floppy
> 合計 1411
> -rwxr-xr-x 1 root root 200 Oct 5 23:43 boot.msg*
> -r-xr-xr-x 1 root root 6192 Oct 5 23:43 ldlinux.sys*
> -rwxr-xr-x 1 root root 104 Oct 5 23:43 syslinux.cfg*
> -rwxr-xr-x 1 root root 1437019 Jul 2 19:22 vmlinuz*

それから,カーネルがあと少し大きいと,合計が 1440 KiB を越えますね.

--
福原 <makoto@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2004年11月20日 02:16
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/28022
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。