2004年11月20日

[vine-users:068714] Re: 起動ディスク廃止理由(Re: vine3.0を入れたら共存OSが起動出来なくなった(ご報告))

大里です。

> From: FUKUHARA
> Subject: [vine-users:068713] 起動ディスク廃止理由(Re: vine3.0を入れたら共存OSが起動出来なくなった(ご報告))
> Date: Sat, 20 Nov 2004 01:07:31 +0900

> > 「起動ディスク作成(mkbootdisk)の廃止」の理由は CD起動ができるからだろうか
> > と、勝手に想像していましたが、いまだよくわかりません。
>
> カーネルが大きくなって,フロッピー1枚に入らなくなったためです.

>
> $ ls -l /boot/vmlinuz-2.4.26-0vl16
> -rw-r--r-- 1 root root 1437273 Aug 22 22:01 /boot/vmlinuz-2.4.26-0vl16
> $
> ( これだけならぎりぎり入るのかもしれませんが,これ + initrd は無理です )

先日気がついたのですが、mkbootdisk には --iso というオプショ
ンがあります。バージョンは詳しくは調べていないのですが、
mkbootdisk-1.5 以降あたりからだったと思います。
Vine-2.6 や Vine-Plus の mkbootdisk にはこのオプションはない
のですが、RHL-9(mkbootdisk-1.5.1) や FC-3(mkbootdisk-1.5.2) に
はあります。
これを使うと、isolinux な isoイメージを吐きだしてくれますの
で、今までの起動 FD 代わりになる bootable な起動 CDROM を焼くこ
とができました。
いまや、市販 PC では CDROM ドライブは付いていても、FD ドライ
ブは省略される傾向にもあり、また linux の kernel も大きくなって、
1680kB とか 1760kB フロッピーを使う技でも間に合わなくなってきた
ので、mkbootdisk --iso を積極的にお奨めしてもいいのかなぁ、と
思っています。

というわけで、Vine でも、mkbootdisk は復活させてもいいんじゃな
いかなーと思いますが、いかがでしょう。

--
kazz

投稿者 xml-rpc : 2004年11月20日 01:32
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/28019
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。