2004年11月18日

[vine-users:068666] Re: directory の使いかた(Was: Linuxの常識を教えてください)

大里です。

> From: K.Hasegawa
> Subject: [vine-users:068661] Linuxの常識を教えてください
> Date: Thu, 18 Nov 2004 20:45:50 +0900

> 1)
> あるソフトのtarボールあるいはrpmファイルをブラウザーで
> ダウンロードするとデフォルトでは/tmp以下にコピーされますが
> そこ(/tmp)で解凍してインストールあるいはコンパイルして

> いいものなのでしょうか。

どういう場合のデフォルトで /tmp にダウンロードされるのか不明です
が、一般的にはあまり好ましくはないでしょう。
- サイトのポリシーによって、/tmp のファイルは一定時間経過後に削
除される。
- システムリブートの際に保証されない。
- /tmp の容量を、システムワイドな作業のために計算して確保してい
ることもあるので、システム管理者的にはダウンロードやコンパイル
には使って欲しくない。/tmp の管理は、どうせ消えるからと杜撰に
なりがちですが、溢れは重大事故につながります。
など。

> それとも作業用のディレクトリーがあるのでしょうか
> インストールしたあとダウンロードしたファイル、解凍したフォルダー
> は削除していいのですよね?

普通、なんらかのかたちで、作ったバイナリの元ソースは保管しておか
ないと困りませんか?
Vine の場合、/etc/skel に .rpmmacros や rpm/ が用意されていて、
%_topdir ${HOME}/rpm と設定されています。
これは、build を ~/rpm/ で行なうことを推奨していると理解していい
でしょう。

私、個人的には、プライベートなプログラムはホームディレクトリ上の
管理しやすい適当な場所で(例: ~/src/ とか、~/programs/program-name/src
とか)で make して ~/bin/ にバイナリを置く。そうでないものは、
/usr/local/src/ で make して /usr/local/bin/ または /usr/local/sbin/
にバイナリを置くことが多いです。
/usr/local/src/ のパーミッションは 1777 にしています。
make install 以外は一般ユーザ権限で行ないます。このあたりはたぶん、
人によって趣味や主義主張の分れる所かもしれません。
特定業務アプリケーションのようなものは /opt/ を使うこともあります。

> Linuxの書籍や月刊誌にはこういった常識的なことが書いていないよう
> なのであえてお聞きします。よろしくお願いします

ちゃんと書いている本もあるような気もしますけど。
原則は FHS に従っておけば、あまり困らないかと思います。
http://www.pathname.com/fhs/ をお読みください。

--
kazz


投稿者 xml-rpc : 2004年11月18日 22:18
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/27949
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。