2004年11月18日

[vine-users:068658] Re: Linux を使うことのできるマシンの質

長谷です、こんにちは

> 私が知る中でPowerMac7200シリーズ?は最も安定したサーバー機でした。

実は持ってます^^;

> そもそも旧型Macの知られざる利点として、
> 『CPUにファンが付いていない』
> ことがあげられます。

そうですね。確かについていません。ヒートシンクだけです

だけど、実は IBM の PC Server があるのですが、pentiumII には
ヒートシンクだけ、というものです

pentiumIII でもファンレス/ヒートシンクだけにすることは出来
ない相談ではなく、実際に見たことがあります

ヒートシンクなりファンなりは CPU/MPU の発熱を効率よく排熱
できればいいだけなんです。勿論、その設計に於いて発熱が少ない
CPU や MPU では小さくできます。スペース的に余裕があるなら
pentiumII/III といったあたりでも出来なくはないのですが、実際
はどこかにぶつかってしまうのでファンと一緒に使うのが普通、
というだけですね

> intel CPUの世界ではかなり昔からCPUには冷却用のファンが付いていま
> す

私の記憶では pentium166MHz(P54C) 以降だったと思います
それ以前でもファンが付いている場合もありましたが、確か Intel
ではガイドラインで、適切な大きさのヒートシンクのみで動作する
ことを保証しておりました。そんなに昔の話ではありません...

> またベージュ色した筐体の旧型PowerMacは内蔵のHDDがSCSIであるため、
> わざわざSCSIカードをPCIスロットに付けて内蔵HDDをSCSI化しているPC
> のような手間がいりません。

確かにそうです。ただ、PowerMac7200 の SCSI は転送レートが
5MB/sec です。当時の FAST SCSI 機器でも 10MB/Sec が普通だっ
たと思います。IBM-PC/AT 互換機では PCI バスを1本使うとは
いえ、Ultra-Wide SCSI .... すなわち 40MB/Sec の機器が使え
ます。この点性能的に劣るのは否めません

> Macは使える周辺機器が限定されている為か、VinePPC2.6r1でも
> 使っていて不自由は感じません。

それはいいんですが、セキュリティ Update がいつまで続くかが
ありますから...

> 実はi386PCで使える周辺機器でVinePPCなら使えるものも多く存在し
> ます。

ええ。SCSI 機器とかは問題なく使えるでしょうし、BIOS ROM
マッピングをしないような PCI カードも使えるでしょう。
マッピングをするものでも、Mac 用に BIOS が書き換えられば
使える SCSI や Video があるのは知っています

> 1メーカーによって作られている為か、Macは機種ごと個体ごとの当たり
> 外れが中古でも少ないような気がします。

私は IBM-PC/AT 互換機の自作もしますし、メーカ品の分解や整備
もしますが、どうしても価格競争のために筐体の強度なり、機器
の安定性がおざなりになっている部分があるのは否めません

> でもハードウェアの相性等のトラブルをできる限り避けたいのであれば
> PowerMacもいい選択だと思いますよ。

.....ですが今となっては、速度の面で自分の欲求を満たせない面
が.....。個人差もあるでしょうが。

> i386系PCのユーザーは相性等のトラブル対応の為に色々なパーツの在庫?
> を持っている人が多いような気がします。

それをいわれると私もそうです。

> トータルな金額ベースを比べると、、、どうでしょうか?

どうなんでしょうね。先述したように penriumII 辺りまでのマシン
は捨てられているような時代です。最先端を追わないのであれば
メモリと HDD だけ(それも中古でもいい)手当てすればいいので、
そんなにかかっていないです。私の場合は

> Linuxの良さはWindowManagerも選択できることです。

まぁ X の上のものも好きなものを選べますからね。
FVWM でもいいでしょうし...

> とまあ、結局i386を選ぶにせよPPCを選ぶにせよ、身近に不要になったパソ
> コンがあれば良いことなのです

そうですね。

> 中古とはいえただで貰うのではなく、
> 購入するのであればPPCを選ぶのも悪くないと思うのですが、、如何?

SCSI なり Video がオンボードであるが故に、能力が足りないと
思った時にどうするか、と考えたときの自由度、選択度の幅を
考えるとどうかなぁ、というだけです

それこそ X を使わないのでしたら i486 クラス(Vine 1.1 時代は
使ってました...)でもいいので...

--
長谷 <VYG01106@xxxxx>

投稿者 xml-rpc : 2004年11月18日 14:30
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/27934
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。