2004年11月 9日

[vine-users:068499] Audiophile 2496 ( ice1712 ) について

森山と申します。

もう少し音質がどうにかならないかと、

[ M Audio の Delta Audiophile 2496 ]

を、使用してみたのですが、MPlayer で、音が一瞬 [ プッ ] と途切れる
現象が発生します。対策方法等御存じの方がいましたら、ご教授下さい。

# バッファが機能していない感じです。ちなみに XMMS や ogle TiMidity

# では、症状が出ていません。(もしかしてこのカードバッファがないのか?)

やってみたこと

OS : Vine Linux 3.0
alsa : alsa-driver-1.0.6a-0 alsa-lib-1.0.6-0 alsa-utils-1.0.6-0

○ alsaconf にて設定

サウンドチップは認識するのですが、自動設定(?)に失敗するらしく
module.confは、以下のようになります。

alias snd-card-0 snd-*** err [lib/liblow.c(265)]:
alias sound-slot-0 snd-*** err [lib/liblow.c(265)]:
# post-install sound-slot-0 /bin/aumix-minimal -f /etc/.aumixrc -L >/dev/null 2>&1 || :
# pre-remove sound-slot-0 /bin/aumix-minimal -f /etc/.aumixrc -S >/dev/null 2>&1 || :

手動で以下のように設定して、取り合えずは音が出るようになりました。

alias snd-card-0 snd-ice1712
alias sound-slot-0 snd-card-0

module.conf に以下の記述を追加するも変化なし

追記 A
options snd snd-ice1712 snd_dma1=1,5 snd_dma2=3,6 snd_dma1_size=128 snd_dma2_size=128

追記 B
options snd snd_major=116 snd_cards_limit=1 snd_device_mode=0666
snd_device_gid=0 snd_device_uid=0
options snd-ice1712 snd_index=0 snd_id=CARD_0 snd_conp_frame_size=128
snd_prop_frame_size=128 snd_conc_frame_size=256 snd_proc_frame_size=256

asound.conf を以下のように作成してみたが、変化なし

pcm.!default {
type plug
slave.pcm "dmixer"
}
pcm.dmixer {
type dmix
ipc_key 1024
slave {
pcm "hw:1,0"
period_time 0
period_size 1024
buffer_size 4096
rate 44100
}
bindings {
0 0
1 1
}
}

ctl.dmixer {
type hw
card 0
}

以上、よろしくお願いします。

# この感じだと、同じチップを使用している [ AudioTrak の Prodigy 7.1 ]
# も同じような事になるのかな...。 やはり Sound Blaster が一番無難
# なのでしょうか?

K.Moriyama

--
K.Moriyama


投稿者 xml-rpc : 2004年11月 9日 23:54
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/27676
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。