2007年8月 2日

[users 7282] OpenGLの終わらせ方法

初めて投稿します。浜口です。現在、Fedor 4 を使っております。先日、あるソフト(google-earth)
をインストールして、なんとか起動できてますが、起動時に必ず、ビデオカードを認識していないのでOpenGLで起動させます、と
警告がでます。ここで、ビデオカード(ATI 8500)のインストールを試みようと思い、ドライバーをダウンロードして、shコマンドで
設定しようとすると、以下のアラートが出ます。


>>> You appear to be running an X server .Please exit X before
>>> installing.

>


よって、Xを終了しようとして、

> [ctrl]+[alt]+[back space]

でXを強制的に止めました。これで、ブラックの画面が出てきて(要するにUNIXのstartxする前の画面)、うまくいくかと思いきや、同じアラート
が出てきます。
サイトで原因を探ると、いかの文面にあたりました。


> Before you begin the installation, exit the X server and terminate all
> OpenGL applications (note that it is possible that some OpenGL
> applications persist even after the X server has stopped).

>
> 従って、openGLを終了すべく以下のようにしました。
>
> #ps aux | grep openGL
>
> とやって、openGLのプロセス番号を調べて、
> #kill プロセス番号
>
> とやります。ところが、
> なぜか、
> no such process
> と出てきまして、ここでpsコマンドで再度確認すると、何故かプロセス番号が増えてます。
> よって同じようにkillしても結果は同じように、no such process と出てきます。

つまり、OpenGLはライブラリだから、終了できないってことですか?

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2007年8月 2日 17:20
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/62436
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。