2007年5月13日

[users 7175] Re: インストールについて

On 2007/05/13 1:46, Daishi Watarai wrote:
> 基本的な質問で恐縮ですが、ソースからコンパイルして
> インストールするのとyumでインストールするのとでは
> どうちがうのでしょうか?
> コンパイルオプションが使えるというのが主たる理由でしょうか?

基本的には他の方々の回答通りですが、
source を build したものを直接 install せずに RPM 形式にして、

それを yum で install することもできます。

当然 distribution の配布元はこの方法で配布物を作るわけですが、
この RPM 形式の package 作成自体は、source からの build が
できる人ならちょっと方法を覚えればできる程度の作業です。

これで作った RPM 形式の package を yum で install する場合は、
build 時の compile option 指定などもできますし、
依存関係の解決などもちゃんと自動で処理されます。


一方で、
binary 形式の program を tar+gz 形式で配布するケースなどもあり、
この場合、それを単に展開して copy する形の install 方法では、
compile option の指定などはできませんし、
ライブラリ等の依存関係の解決等も自力ということになります。
# 一応 binary file からも RPM package は作れますが…
--
Takeshi Kusune <kusune@xxxxx>
_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2007年5月13日 06:15
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/58684
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。