2007年5月12日

[users 7170] Re: クラスタシステムについて

こんにちは、J♪です。

watanabe wrote:

> メールのやりとりでだんだん解ってきました。
> クラスタという漠然なものだと高価なイメージなんですね。
>
 通常は、かなり高価なものになります。 逆に、それだけお金を使ってでもし

たいことがあるという考え方です。

> 2台のマシンでミラーする方法です。
> クラスタと書かずこう書けばよかったのかもしれませんが
>

 単純なミラーと、クラスタは分けて考えたほうが良いかも知れません。

 また、ミラーで解決できる問題点と、解決ができない問題点も明確にする必要
があります。

> 漠然とでしたが、メーリングリストで情報を貰って
> だんだん絞込みができました。
> rsyncでSSHを使用しDATAのミラーリングする。
> これなら自宅でもできる金額では?
> なにか問題はあるのでしょか?
> 情報があればほしいと思っています。
>
 あなたが考えるリスクはいったいなんでしょう?

 また、そのリスクは、あなたが考えている方法で回避できるのでしょうか?

 ほかの方も書かれておりますが、「クラスタを作る」といのが目標なんでしょ
うか。。。

 それとも、何かのリスクを回避するのが目的なんでしょうか。。。

 どうも、このあたりがはっきりしないので、話がかみ合わないように思います。

 まず、Fedoraを選んだ段階でリスクが大きくなっているという他の方が書かれ
ている意見を理解する必要があります。

 ものには、向き不向きというのが有るのは理解していただけると思いますが、
たとえば自動車というものを考えてみてください。

 Fedoraを自動車に例えると各メーカが作りたてのエンジンを適当な車体に載せ
て作った試作車のような感じかもしれません。

 最新技術を使って作られたエンジンを乗せて、それを評価するのが目的になり
ます。

 もちろんそれを好んで使う人も大勢いますが、そういうものだというのを知っ
て使わないと、安全や乗り心地重視で作ったファミリーカーとは大きな違いがあ
ります。

 また、そういうエアーバッグも付いていないかもしれないテストカーの助手席
に大切な人(例えば恋人など)を乗せられますか?

 今回データはその大切な人に該当すると考えると良いのではないでしょうか?

 ここでもう一度目的をもう一度考えてみてください。

 テストカーの助手席に大切な人を乗せるのが目的だったのか。。。

 それとも、大切な人を守るのが目的だったのか。。。

 金額うんぬんではなく、本来の目的を見失ってしまうと取り返しの付かない事
態になる可能性もあります。

 他の方がかかれていないキーワードで、私は調べたほうがいいと思うものは次
のとおりです。

  ・リスク管理
  ・トランザクション
  ・リトライ
  ・あきらめ/割り切り
  ・安定性
  ・向き不向き
  ・高信頼と高可用の違い
  ・不可抗力
  ・不安と安心
  ・目的の明確化
  ・湯水のごとく

 他の方が紹介されたキーワードと併せて上記のキーワードを調査すれば、ある
程度目標が定まってくるように思います。

--
 J♪
_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2007年5月12日 22:07
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/58530
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。