2007年5月11日

[users 7157] Re: クラスタシステムについて

植村です

07/05/11 に watanabe<watanabe@xxxxx> さんは書きました:
> 植村さん返事ありがとうございます。
> 渡辺です。
>
> > クラスタ化する対象をご自身で設計しなければ構築できないのではないでしょうか。
> クラスタについて詳しくないのでお聞きします。

> クラスタ化する対象とは具体的にどういうことなのでしょうか?

何をクラスタ化するか、です。

電源や接続されているネットワーク機器、回線、サーバ、ディスク装置、他・・・
ソフトウエアをクラスタ化することもできますね。

> > クラスタ化するほど重要でないのであれば、クラスタ化する意味がありません。
> クラスタ化自体に価値がないということでしょうか?

いえ、そういうことではないです。
もちろんサービスがとまらず動いてくれることは望ましいですが、
自宅でそれを実現するとなると大変だと思います。

停電したら自家発電で電源を賄う、サーバHW障害に備え、同じマシンを予備で待機。
ネットワーク機器も万一の障害に備え二重化&予備で待機、ディスクもRAID&予備。

物理的スペース、予算、電源容量、または提供するサービスの重要性に応じて設計するべきだと思います。

ご自宅のサーバでクリティカルミッションなサーバを運用するのは非現実的かと思います。
データセンタを利用されるのが無難な選択でしょう。


僕も自宅サーバで、自ドメイン用のメールサーバ等稼動しておりますが、ブレーカー落ちたらダウンしますし、ネットワークは二系統準備していますが、手動切り替えです。
ディスクは1つしか積んでおらず、万が一の場合は入れなおしですね。

それでも止まらないサーバにしないのは、落ちたらできるだけ早くサーバをブートすれば問題ない程度の利用率ですし、電源も不足していますし、予算的にも厳しいというところです。

技術で対応するのは当然ですが、万が一落ちたときのリカバリ手順を具体的に準備しておかれるほうが自宅サーバでは良いと思えます。
もちろん、クラスタ化したシステムに対しても100%落ちないはありえませんので、リカバリ手順を準備するのは当然の事です。

僕の場合はダウンした場合、外部の監視システムにより携帯にメールが飛んできます。
そこで自宅にいる妻に連絡して復旧用コマンドを実行してもらってます。
これで何とか運用している次第です。去年は2回ほど復旧しました。

ダウン中は外部にWEBメールアカウントも持っていますので、メールも困りません。

僕の自宅サーバの運用が良いとは思えませんが、運用でカバーできることと技術でカバーできることをしっかりとご自身で設計して運用されるのが一番かと思います。
_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2007年5月11日 22:29
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/58484
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。