2007年4月17日

[users 7143] Re: LVMの2

こんにちは、平石(J♪)です。

On Mon, 16 Apr 2007 13:19:54 +0900
渡部浩司 <masawa@xxxxx> wrote:

> > 参考に以下のようなものがあります。
> > http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20061106/252664/
> まさしく、この方のやりたいこと「LinuxでLVMのデータを抜き出す」なので

> すが、このページには「同じVG名がついてしまっている場合」の例しか載ってお
> らず、私の場合にはVGの認識もできない状態で、この方の方法はうまくいかな
> いようです。

 既に試しているかもしれませんが。。。

 レスキューCDを使用して、レスキューできるかを確認すると良いかもしれま
せん。

 レスキューCDが無い場合は、インストールCDの1枚目でもレスキューモー
ドで起動することができます。

 手順はそれほど難しくはありませんが、一応念のために書いておきます。

  1)レスキューモードで起動
  2)言語は英語を選択
    =>日本語もあるが、英語の方が早い/日本語が表示できない
  3)キーボードのタイプを選択
    =>日本語ならJP106
  4)ネットワーク
    =>試すだけなら使用しないで次へ
  5)レスキュー(ディスクの検索)は継続
    =>ここで認識/マウントされたらラッキー
  6)各種コマンドを使用して調査
    =>fdisk、lvm(バージョンによる)、mountなど

 単にディスクをレスキューするだけであれば、インストールされているLIN
UXより新しいレスキューCDを使用すれば大丈夫だとおもいますが。。。

 LINUXのバージョンが合わない場合は、chrootコマンドは使わない
ほうがいいですよ〜


余談

 ちょっとFC7(正確には6.92)のレスキューCDを使ってみたのですが、
いきなりGRUBの画面(?)が出てきました。

 タブキーを押下すればパラメータの変更ができますが、以前指定できたものす
べてが使えるのかは不明です。

 あと。。。

 レスキューCDに限定せず、LiveCDを使用するという案もあります。

 FC6.92のLiveCD(KDE)は、ディスクにインストールしたとき
上手く起動できない場合があるようです。 私は失敗しました。

 ちなみに、gnome版は問題なくディスクへインストール/アップデートを
行なうことができました。

                             −以上−

--
 J♪

_______________________________________________
users mailing list
投稿先アドレス: mailto:users@xxxxx
総合案内: http://fedora.jp/mailman/listinfo/users
過去の投稿の検索: http://fedora.jp/kabayaki/

投稿者 xml-rpc : 2007年4月17日 16:12
役に立ちました?:
過去のフィードバック 平均:(0) 総合:(0) 投票回数:(0)
本記事へのTrackback: http://hoop.euqset.org/blog/mt-tb2006.cgi/57359
トラックバック
コメント
コメントする




画像の中に見える文字を入力してください。